今日(5/10)の1時ごろにはまだやっていましたが今はどうでしょう?街中にいる方は、ソラモ付近を通る際にはちらっとのぞいてみるのもいいかも。

1時過ぎにかにぱんもらったツイート↓

浜松駅前で「ミニかにぱんブラック」3000個を無料配布 - 三立製菓

今日の午前10時から浜松駅前で無料配布されていました。配布開始の10時には既に列ができていました。みなさん情報通ですね。

5月10日には商品化を記念してギャラリーモール「ソラモ」で3000袋を無料配布する。時間は10時~(なくなり次第終了)。1家族1袋に限る。

夏でも溶けにくいチョコを練り込んだパンを開発

これから夏に近づくにつれて気温も上がるので、チョコが溶けてしまう心配がありますが、今回配布されている「ミニかにぱんブラック」のパン生地に練りこまれているチョコレートが溶けないよう研究開発されたのが今回の商品だそうです。

実は三立製菓は「かにぱんチョコ」という商品が存在するが、夏場は気温の問題で販売に適さない(溶けてしまう)。今回はその問題を解消すべく研究開発を重ねようやく商品化に成功。これ(配布)を機会に是非とも多くの人に知ってほしいと話す企画課課長の清水康光さん。

三立製菓株式会社は地元浜松の老舗企業

かにぱんを製造する三立製菓株式会社は、浜松市中区に本社を置く浜松の企業。市内の東区白鳥町には白鳥工場もあります。大正10年創業の大変歴史のある老舗企業です。

乾パンの「缶入カンパン」をはじめ、有名なお菓子「源氏パイ」や「チョコバット」も三立製菓です。地元の企業、愛着がわきますね!