IMG_0001

最近、ガソリンの価格の値上げが止まりません。 日経新聞でもガソリン値上げの記事が掲載され、全国的にガソリン価格は上昇しているようです。浜松では162〜167円付近で、平均164円と全国平均より若干安い結果となっています(独自調べ)。

ガソリン8週連続上昇、全国平均は167円に

日本経済新聞の記事によると増税前は159円、増税分含めて4月以降は8円の値上げになるようです。 たしかに最近ガソリン高いなって常々思ってましたからね。 160円から下がらない。どういうことだ?って思った人も多いと思います。

浜松市の平均は約164円、162円〜167円付近でこちらも上昇中

浜松市でも全国平均と同じように上昇しています。 ガソリン価格比較サイト gogo.gsを参考に浜松市のGSの価格の推移をざっと出してみました。(浜松市内の過去7日間の登録された31店舗の価格を利用)

最も安いのは独立系で会員価格155円、現金価格157円のようです。

掲載されている価格のすべての平均は164.15円になりました。会員価格のみの平均は161.9円、現金価格のみの平均は165.8円のようです。

おおよその平均は162円〜167円のあたりですね。会員価格も含まれていますので一概には言えませんが、全国平均より少しだけ安い傾向のようです。

原油価格も右肩上がり、110ドル到達間近

原油価格はガソリン価格に影響を与えます。 2014年から100ドルを下回ることなく右肩上がりを続けています。 予想通りこちらも右肩上がりです。

原油価格上昇の原因としてあげられているのは、 ウクライナ情勢の混乱によりロシアから欧州への原油供給に支障が出ると懸念されているためだそうです。

車社会の浜松、毎日使うガソリンですから今後もガソリン価格に注視していきたいですね。