91cbeaab

うなぎパイっぽいお菓子は日本にもいくつかありましたが、とうとう海外でコピー製品のような お菓子が出まわるように成ってしまったようです。それが韓国の「チャンオパイ」。 「うなぎパイ」そっくりですが、韓国の製菓店の経営者は独自開発したと話しているそうです。

うなぎパイそっくりの菓子「チャンオパイ」

東京新聞:韓国にも「うなぎパイ」 業者「独自開発」:国際(TOKYO Web)
【ソウル=島崎諭生】浜松市特産の菓子として知られる「うなぎパイ」そっくりの菓子「チャンオパイ」が、昨年10月から韓国で発売されている。「チャンオ」は韓国語でウナギを意味し、直訳すれば「うなぎパイ」。ウナギを煮詰めたエキスをパイ生地に混ぜて焼く製法で、味も形状も「うなぎパイ」に似ている。
 韓国北西部京畿道坡州(キョンギドパジュ)市にある「スリホル製菓」が発売した。経営者は、製菓店を二十年間、ウナギ料理店を十年間経営した経験があり、「体が弱い孫のためにウナギのエキスを混ぜた菓子を発案し、約二年をかけて独自に製造技術を研究開発した」と話している。

ここまでは分かります。ただ、その後の一文がやや不可解です。

研究を始めてから日本でも浜松市の製菓会社「春華堂」が「うなぎパイ」を作っていると知り、同社の一般向けの工場見学に参加したこともあるというが、「味は全く違う」と主張している。昨年十一月には韓国で製造法の特許も取得した。現在は学校給食にも提供しているという。

あのうなぎパイファクトリーに工場見学しているではありませんか!勉強熱心で素晴らしいです。

うなぎのエキスが、ウナギボーンだったら成分もそっくりな事案になりそうですね。 こういう場合、春華堂側はどういった対策をするのか今後も見守っていきたいと思います。

参考画像

上がうなぎパイ、下がチャンオパイです。くりそつ!

5bd99b63
55bf3324

※画像は各製菓HPよりお借りしました。