朝、いつものようにiPhoneで はまつー をチェックしていたら、突如iPhoneが死にました。 画面が真っ暗。ハードリセットするも効果なし、itunesで復帰を試みるもダメ...。

マジかよ!iPhone無いと死活問題なんですけど...!!

関連記事

というわけで定時ダッシュしてビックカメラにやってきた!

携帯ショップに駆け込もうかと思ったんですが、症状的に何とかしてくれる期待は薄そう... ここはAppleの正規プロバイダサービスを扱っているビックカメラに行くしかない!

というわけで、ビックカメラにやってきました!1
(写真を撮り忘れたので、閉店後の写真です(^^;

こちらが、Apple正規プロバイダサービスのカウンタ。

機種を変えて間もないという事もあり、初期不良ということで新しいiPhoneと交換してもらいましたよ!っと。

無事復活して良かった!良かった!というわけで、Apple正規プロバイダサービスの利用のポイントをまとめてみます。

Apple正規プロバイダサービスを利用する時の3つのポイント

受付を19時までに済ませよう!!(日曜日は17時まで)

ビックカメラの営業時間は21時までですが、プロバイダサービスを受ける為には19時まで受付を済ませる必要があるようです。 20時から修理を開始しても閉店時間までに終わらないと困りますもんね!

混雑してて19時までに受付が済ませられないと翌日以降の対応となってしまうので要注意。 平日に駆け込むときは定時ダッシュ必須ですね!私がそうでした(笑

店員さん曰く、土日だと結構混雑しているそうなので、19時ギリギリに来るとアウトかも。 16,17時には来る事が理想的とのこと! (日曜日は17時までが受付時間なので、もっと早めに行きましょう)

そうそう、ビックカメラのwebサイトから混雑状況をリアルタイムでチェックできたり。 こちらも活用すると良いかも!

実はビックカメラのwebサイトからiPhoneの修理予約できるらしい

あとあと、店員さんによるとiPhoneならビックカメラのWebサイトから修理予約もできるんだとか。 ちなみに、予約は2日後から可能。急ぎの場合はやっぱり店舗へGOとなりそうです。

画面が割れちゃったけど、とりあえず動く!みたいな時はこちらを利用すると便利そうですね。

おかえり切符や駐車券のサービスが受けられるぞ!

すべての修理内容が対象かは分かりませんが、遠鉄の電車・バスの「お帰りきっぷ」や駐車券サービスが受けられる事も。 利用したら、店員さんに問い合わせてみると良いかも。

そんな感じで、ビックカメラのApple正規プロバイダサービスを利用してきた!でした。 もしもの時に正規サービスが受けれられるのは嬉しいなー。

ビックカメラさん、プロバイダサービスを設置してくれてありがとう!