IMG_9479

浜松市の中区役所(浜松市役所の本館1階)で住民異動届の臨時窓口が開設されるらしいです。 3月27日(日)と4月3日(日)なので、「平日に役所なんて行けないよ!なんで休日相手ないの!ふじこふじこ!」って向けですね。

そんな年度末感を感じる住民異動届の臨時窓口の話題と定期券についてのウンチクを合わせてサクッと紹介です。

浜松市中区役所で住民異動届の臨時窓口を開設 - 4月3日(日)

開設日時および場所
いずれも日曜日です
3月27日、午前9時から正午まで
4月3日、午前9時から正午まで

浜松市内の他区にお住まいの人も、国籍にかかわらずご利用いただけます。
開設場所 : 浜松市中区役所 区民生活課
所在地 : 浜松市中区元城町103番地の2浜松市役所本館1階

「平日に役所なんて行けないよー!」ってな人向けに日曜に住民異動届の臨時窓口を開設してくれるみたい。 3月27日(日)は既に過ぎてしまっていますが、今週末(4月3日(日))はまだセーフ!

4月1日に入社式を行う企業さんは新卒さん達に是非教えてあげてね!

4月前後、この季節といえば定期券の更新シーズン

pho_mainvisual_nicepass

進学、入社のシーズンですから電車・バスの定期券を新規発行する人たちと、定期券の更新をする人たちが重なりやすいシーズンです。 定期券を更新する人たちもこの時期から新規発行し始めた人が多いので、窓口で重なって割と待つ事になる悲しいアレです。

そんな悲しいアレを生み出してはならない!というわけで、回避する方法を考えてみたよー。

更新日前でもサクッと定期を更新!

恐らく、4月の第1週ぐらいに定期が切れる人が多いかと思いますので、3月中の今のうちからサクッと更新!がやっぱり妥当です。

遠鉄の発行するナイスパスの場合は14日前から新規・継続ともに購入が可能なので、新規の方も4月からの定期を今から購入できますし、継続の方も4月のはじめに切れる定期なら既に更新できる人も多いはず!

知って得する定期券情報

バスからバスへ乗り換える場合、初乗り分が引かれるため、プリペイドで支払うより断然お得です
バスと遠鉄電車を乗り継ぐ定期券は別々に購入するよりも5%割引になっています
遠鉄電車の駅に近いバス停から浜松駅までの定期券では、電車も乗ることが出来ます!詳しくはこちらまで
定期券の新規購入は使用開始日の14日前、継続購入は14日前から購入できます

1回ずらして更新しておけば、その後は悲しいアレが回避できる!はず...ですが、6ヶ月の場合の割引率が大きい分なかなか時期をずらすのが難しいのが実情ですよねー

JRの人はTOICA定期なら券売機で定期の更新ができる!

toica

TOICA定期のユーザなら券売機から定期の更新が可能なんだとか!何それスゴイ!

ただし、表面の書き換えを券売機で行うので通常のチャージより少し時間がかかります。乗車時間ギリギリでの更新トライには要注意!

ちなみにTOICAの定期券購入の場合は、当日を含む7日後まで日付指定ができますよ。今年の4/1は金曜日だし、4日の月曜からがいいよう〜なんてわがままさんにも対応されてて便利!

遠鉄ユーザはナイスパスに1万円チャージして凌ごう!

定期の更新をしたいけどすぐに更新できそうにない…でも今日で定期は切れちゃう。どうしよう!という時には、素直にさくっとチャージしちゃいましょう。

ナイスパスに入金すると、100円から最大で1300円のプレミア(学生は最大で2700円)がつくのはご存知ですよね! え?知らない?そんな人はまず以下の記事を読んでね。

もちろん定期券ほどの割引率にはならないんですが、まずまずのプレミア(ボーナス分)がつくので、これを利用して定期ではなく普通に運賃を支払って通学・通勤して少しだけ時期をずらすという手もありそうです。

そんなわけで、年度末を感じる住民異動届と定期更新の話題でした。 来年度も頑張りましょー!!