遠鉄の赤電が青くなる日が来るとは...!

4月1日より新しい赤電のラッピング車両が登場したようです。 その名も通称「青電」!

あの真っ赤なイメージの赤電が青くなっちゃったわけですよ!うひょー!!!!1

遠州鉄道に青電が登場!ユタカ技研さんの創立30周年を記念

aoden (1)

浜松市東区にある自動車部品メーカーのユタカ技研さんの創立30周年を記念して赤電をフルラッピングした車両が登場したようです。

そのラッピングがまさかの青!赤電なのに青! 誰が「青くしよう!」なんて言い出したんですかね。このセンス最高ですw

遠州鉄道が公式で「あおでん」って呼んでる(笑)

まさかの遠鉄公式での「あおでん」の名称w
通称「あかでん」ですからね。

青電の運行情報が公開されてる!

そんな気になる青電、みんな見たいですよね? 僕も見たいです!

かといって赤電の駅に張り付くのも辛いし...と思っていたら遠州鉄道さんが青電の運行情報を公開してくれていました。 遠州鉄道さん流石っす!

[4/5~4/8]

aoden (3)

[4/9,10,11]

aoden (2)

4/9,10は土日という事もあり、いっぱい運行してくれるみたい。
4/8(金)と4/10(日)は終電が青電。お酒を飲んだ帰りに青電を見たら相当びっくりしそう(笑)

「ユタカ技研」ってどんな会社?

そんな青電を企画したユタカ技研さんってどんな会社?というわけで、ご存知の方も多いかもしれませんが調べてみました。

株式会社ユタカ技研(ユタカぎけん、英: Yutaka Giken Co., Ltd.)は、静岡県浜松市東区に本社を置く、
ホンダグループの排気系と駆動系自動車部品のメーカーである。

Wikipedia先生によるとホンダ系の自動車部品メーカーさんです。 トルクコンバータやサイレンサー、車・バイク向けのブレーキディスクなどを作っているそうですよ!っと。

ユタカ技研さんのサイトを見てみると前身である「有限会社鳥居塗装工場」から考えると設立は昭和29年! 場所は「浜松市東区豊町508番地の1」で、従業員数は「985名」。

うひょー!いっぱいいらっしゃるー!

そういや、高校時代の同級生がユタカ技研さんに就職してたなー。

そんなユタカ技研さんの青電の運行は2017年3月末まで

遠鉄電車初!!全面フルラッピング電車が 本日(4/1)より運行開始いたしました!!「株式会社ユタカ技研」様の30周年を記念したラッピング電車となり、本日より1年間運行されます。

遠鉄コミュニケーションズさんの投稿 2016年3月31日

そんな気になる青電の運行は2017年3月末までです。

電車好きなお子さんがいる方も、そうでない方も1度は見てみたいですね。 はまつーの中の人たちも、まだ生で見れていないので近々見に行く予定です(笑)

【オマケ】Youtubeに青電が走行している様子がアップされてた