IMG_8672

みなさーん!ハシビロコウってご存知ですか?
1度見たら忘れられないインパクトあるいでたちと、滅多なことでは動かない堂々たる風情が人気の鳥です。
あまりに動かないためテレビの取材班がカメラの故障を疑ったとか、動かないせいで藻が生えたとか、逸話をあげればきりがないほど。 根強いファンも多く、まとめサイトも充実しています。
そんな、ホットでクールなハシビロコウが、7月から掛川花鳥園に仲間入りしました!ハシビロコウファンの自分、夏休みを使って会いに行ってきましたよ~!

そもそも、ハシビロコウってどんな鳥?

02

まずは、ハシビロコウについて簡単におさらい。Wikipediaはこちら!→ハシビロコウ - Wikipedia

  • ペリカン目ハシビロコウ科に属する大型な鳥類
  • アフリカのビクトリア湖周辺の湿地や川に生息する絶滅危惧種。
  • 体長約120センチ、体重5キログラム。大きなクチバシが特徴。
  • 羽を広げると2M程になるらしい。
  • 国内では掛川花鳥園の他に、上野動物園や伊豆シャボテン公園など全7園で約20羽が飼育されている。

ちなみに、日本最高齢のハシビロコウは伊豆シャボテン公園にいるビル(オス)で、 推定年齢40歳以上のご長寿さん。県東部に行く際には、ぜひ会いにいってみたいものです。 それにしても、貴重なハシビロコウがすぐ会いにいける距離にいるだなんて、なんてラッキーなんだ!

花鳥園でドキドキのご対面!予想以上に近くで見られる!

04

さて、花鳥園!入り口にはハシビロコウの来園を告げるポスターが。これは、否が応でも期待が高まるってものです。

入園すると、まずは世界のフクロウがお出迎え。ハリポタでお馴染みのシロフクロウもいましたよ。
その後も、優雅におよぐオシドリの池や、身を寄せ合う姿がなんとも愛らしいペンギンプールなど、思わず立ち寄りたくなるコーナーが盛りだくさん。

しかし、他の鳥たちとの戯れは帰りの際のお楽しみ。まずはハシビロコウへ一直線です。
ハシビロコウがいる「ハシビロコウの森」は、園内最深部。新入りにして、すでにボス級の扱いなのでしょうか。

05

キター!さまざまな鳥たちとの出会いを通りぬけ辿り着いた「ハシビロコウの森」!

06

いました!予想を裏切らない堂々たる風情!
トロピカルな背景とクールな表情のコントラストがいいよね。

環境に慣れるまでは柵ごしでのご対面とのことでしたが、柵は低いのでそんなに隔たりを感じません。
むしろ、意外と近いと感じましたよ。
多くの人に見つめられていることを、知ってか知らずか、中央で1点を見つめ佇んでいました。‥クールだ。

動かない鳥ハシビロコウは…実は意外と活発に動いてた!

07

ハシビロコウの森にある説明書き。「おじぎをすると反応してくれる時もあるようです」とな!?
早速、何度か試してみました。ええ、ちょっと恥ずかしかったですけどね。 隣のお客さんもやってましたし。

08

すると、どうでしょう。ゆっくりと動きだし‥

09

重心を低く構えて…

10

…飛んだ!!

11

「こんなもんでいい?」てな表情を見せたかと思うと、このあとしばらく静止。
このギャップ!サービス精神!ファンの心を鷲掴みです。

所感としては、意外と動く!これに尽きます。
じっとしている時も、首をかしげたり、片足をあげてみたりとわずかながら変化があります。

12

なんかあった?と聞きたくなるような哀愁ただよう後ろ姿。こんなところもまた魅力的です。

ちなみに、私が訪れた際にはエサが足元にあっても見向きもしませんでしたが、後日、エサを食べる動画が公開されていました。

食べるの下手すぎでしょ!もう、愛おしさすら感じます。

オニオオハシも人気!個性的な鳥の面々

ハシビロコウに夢中で熱くなってしまいましたが、花鳥園の人気者といえばオニオオハシも忘れてはいけません。大きくて黄色いクチバシが特徴のカラフルな鳥です。

13

人懐っこくて腕に乗ってくれるそうです。

14

ちょ、足!と言いたくなるフラミンゴの足の向き。

15
要注意インコのホクトくん。これだけ鳥がいれば色んな子がいますよね。みんなちがってみんないい。

おみやげコーナーにも注目!

旅(?)の楽しみおみやげコーナーも忘れずにチェック!

16

ハシビロコウとオニオオハシ、掛川花鳥園の2トップがおまんじゅうになっている!しかも美味しそう!

17

ハシビロコウグッズも充実していましたよ~!

18

「オリジナルオオハシラーメン」が気になる!

小さなお子さん連れや海外からの団体客など、いろんな人が訪れていた掛川花鳥園。
みなさん鳥とふれあいながら笑顔になっていましたよ~。

涼しくて休憩スペースがたくさんあるのも嬉しいですよね。 夏休み最後の週末は、珍しい鳥たちとの出会いで思い出をつくってはいかがでしょうか。

掛川花鳥園のホームページはこちら

掛川花鳥園について

営業時間は「平日/9:00~16:30 (最終入園16:00)、土日祝/9:00~17:00 (最終入園16:30)※GW、お盆期間、年末年始は土日祝の営業時間となります」
住所は「掛川市南西郷1517」、電話番号は「0537-62-6363」