先日、浜松まつり会館に遊びに行ったら嵐の二宮和也さんが実際に揚げた大凧が展示されてました。

会館の職員さんに聞いてみたところ、2015年1月の正月特番で二宮和也さんと石原良純さんが中田島砂丘で「和也」とデザインされた大凧を揚げたそうです。
そんな大凧は、浜松の凧職人さんが拵えたものだそうで、番組終了後に浜松まつり会館で展示されてたようなんですが、2016年8月31日をもって浜松まつり会館での展示を終了するとのこと。

2015年に番組企画で嵐の二宮和也さんが揚げた「和也凧」の展示が8月31日をもって終了

matsuri_kaikan (7)
matsuri_kaikan (6)

2015年1月の正月特番で二宮和也さんと石原良純さんが揚げた本物の大凧です。 この番組のために、浜松の凧職人さんが拵えたものだそうで、番組終了後から浜松まつり会館で展示されているようですよ!

そんな大凧が8月31日をもって浜松まつり会館での展示を終了するとのこと。(会館の職員さん談)

ちなみに展示終了後の和也凧がどうなるかは現在検討中らしいです。 話題性のある凧なので良い形のその後を考えているそうですよ!

嵐ファン向けに浜松まつりグッズをバッチリ売り出してる まつり会館さん

matsuri_kaikan (4)

この和也凧の展示で沢山の嵐ファン(アラシック)たちが浜松まつり会館にいらっしゃっているようです。そんな嵐ファンの方々がよくお買い求めしているグッズも紹介しておきますね!

凧バッジで「二宮和なり」で売り出したところ1ヵ月間で1年分の売り上げを記録!

matsuri_kaikan (5)

こちらは元々、各町の凧じるしのバッジなようなんですが、上手いこと組み合わせて「二・宮・和・な・り」でお買い求めしている方がいらっしゃったとか。 そこで、誰にも分かりやすく売り出してみたところ、僅か1ヵ月で1年分のバッジの売り上げを記録したとか!

ちょっと面白すぎます(笑)

尚、各バッジの町名は以下の通り!皆さんいくつ分かりましたか?

ちょっと凧じるしで「はまつー」の組み合わせできるかやってみた!

hama2

「ー」が難問で板屋町さんで代用させて頂きました(笑
ちなみに各町は、左から順に早馬町・松城町・都盛町・板屋町です。

まつり会館さん、はまつーバッジでも売り場作ってください!おなしゃす!

嵐の5人のイメージカラーの「池町」の凧じるしが熱いらしい

matsuri_kaikan (3)
matsuri_kaikan (8)

あとあと、池町の凧が嵐ファンにメッチャ人気なんだとか。 一見すると縦に5色のラインが入った池町の凧じるしなんですが、どうもこの5色のカラーが嵐5人のイメージカラーなんだそうです。

完全に偶然らしいんですが、これはファンにとっては堪らないですね!

ちなみに「池町ってどこだっけ?」となった方、こちらです!

嵐だけじゃない!かなりガチな浜松まつり会館

今回は「和也凧」についての記事になってしまいましたが、館内では浜松まつりについて知る事ができる至って真面目な施設です。 その真面目っぷりな所を最後に簡単に紹介してきますね!

_matsuri_kaikan (3)
_matsuri_kaikan (8)

会館に入ってすぐの所には、いろんな大きさの凧を展示!

_matsuri_kaikan (1)
_matsuri_kaikan (2)

凧糸の製造機も展示されてるぞ!

浜松まつりについてメッチャ詳しいおばty...いやいやお姉さまがおりまして、聞けば何でも教えてくれます。 ちなみに浜松まつり凧揚げ用の凧糸は200mで69,000円もするそうです。1mあたり345円!(あれ、少し安く聞こえる)

_matsuri_kaikan (4)
_matsuri_kaikan (5)

あとは、こんな感じでババーン!とかっちょ良く展示されている各町の凧や...

_matsuri_kaikan (6)

かっちょいい法被も! こうやって並んでると特別かっこいいなー。

_matsuri_kaikan (7)

あとは浜松市政80周年を祝って作った浜松市の山車も展示されてます。 彫りが素人目に見ても見事な出来で、職人さんの気合の入れっぷりがスゴイやつです! メッチャ詳しいお姉さま曰く、当時価格で6000万円。いまだとザックリ8000万円ぐらいするとか。うひょー!

_matsuri_kaikan (9)

最後に館内の職員さん、もといメッチャ詳しいお姉さまパシャリ。

とまあ、そんなわけで、浜松まつり会館の話題でした。 実は今回初めて行ってみたんですが、思いのほか浜松まつりや凧について良く分かる面白い施設で取材班は大満足です(にっこり)

特に館内にいらっしゃる超詳しいお姉さまの解説は本当に博識で、浜松まつりの歴史や、屋台の値段の話とか凧職人の話とかいろいろあるのだけど、それはまた別の記事でじっくりとまとめたいと思ってますよー。

浜松まつり会館の施設情報

matsuri_kaikan (1)

営業時間は「9:00~16:30」、休館日は12/29~31
場所は「浜松市南区中田島町1313」 → 大きな地図で見る

なお、観覧料は大人400円、中学生以下は無料です。

matsuri_kaikan (2)