3月4日よりJR東海の新幹線ダイヤが改正されました!新幹線「ひかり」が停まる浜松も今回のダイヤ改正による改善で恩恵を受けています。

というわけで、主に「ひかり」の改善をピックアップ!ん?「のぞみ」…?浜松の人には知らない名前ですね。

「東京=浜松間」と「大阪=浜松間」がちょっとだけ早くなった!

日中時間帯の浜松着のひかりが数分ほど早く到着するようになりました。

◆日中時間帯において、東京下り毎時03分発・上り毎時40分着の「ひかり」計23本の所要時間を東京~新大阪間で3分短縮します(東京~岡山間の所要時間は一部列車を除き1分~6分短縮)。

例えば、東京=浜松間では、7:03東京発では8:31浜松着に変更されています。従来のダイヤでは8:35着なので、約3分強の短縮です。所要時間は93分間のところを、89分間に短縮していることになりますね。

ちなみに、7時台の品川だと7:10発なので82分間、新横浜だと7:22発なので70分間の所要時間に。地味に改善!

東京発→浜松着の最終新幹線、掛川方面の乗換待ち時間が改善!

◆東京方面から磐田・袋井方面へ、浜松駅での接続を改善します。
浜松~掛川間の普通列車の運転時刻見直しにより、浜松駅では、東京22時00分発の「ひかり539号」から、掛川行き普通列車(浜松23時28分発)に12分でお乗り継ぎいただけるようにし、浜松から掛川方面への23時台の運転間隔も改善します。

22:00東京発の新幹線終電は23:16浜松着ですね。その後の掛川方面乗り換えが最終列車一本前の電車(23:28浜松発掛川行)に接続します。これにより、23:51浜松発への35分の電車乗り換え待ち時間が、12分に改善!

終電一本前の電車に接続するので、最終列車の混み合い度も少しは分散されるかも?

すべての「ひかり」が快適なN700Aタイプにグレードアップ!

N700Aタイプの車両詳細については以下のJR東海のウェブページをチェック!

快適な走行に、コンセント標準装備で電源を確保できます。予め登録しておけば無線LANも利用可能。N700Aによって更に安全性、快適性、環境性能がアップ!

今回の2017年ダイヤ改正でますます便利になる東海道新幹線。これからも安全運転でよろしくお願いします!

//画像はJR東海ダイヤ改正特設ウェブサイトよりお借りしました