感謝、感激、雨あられ!(挨拶
冒頭から失礼します。響天動地はがんこ祭で、「地元枠演舞 特別賞」受賞!そしてそしてー、ファイナルの舞台に立つことができました!

ということで、浜松のよさこいサークル「響天動地」のがんこ祭参加の様子をレポしていきます!

響天動地が がんこ祭で「地元枠演舞 特別賞」受賞!

じゃじゃーーんっと!表彰式の様子です!

20170401_041204000_iOS
20170329_130829000_iOS

ほらほら、賞状までいただいちゃいました。代表(左)と総監督である旦那さん(右)であります。

ああっ、嬉し過ぎるあまりご挨拶が遅れました。こんにちは、「響天動地(きょうてんどうち)」で日々演舞ってるmasatoです。

地元チームとして上がるファイナルステージの舞台

がんこ祭から少し経っていますが、あの時の興奮はまだ冷めやらぬ状態であります。なんてたって僕たち、ファイナルの舞台で演舞してきたんですー

踊り子として、地元チームとしてあの舞台で踊らせていただくってのは特別なことで、各部門の上位チームと特別賞を受賞したチームしか立つことが出来ない場所で、僕たちからしたら夢のまた夢だと思っていたんです。

しかも、今回のがんこ祭で最後となった花菖蒲をこんな形で締めくくれるなんて、どんなサプライズだよーってメンバー全員感激しました。

あの舞台から見た光景は今でも脳裏に焼き付いています。ライトが舞台を照らし、目の前はもちろんの事、横を向いても上を向いてもソラモを埋め尽くすくらいのお客さんの数。あまりの規模に緊張気味だったんですが、見ていただいているお客さんに楽しんでもらおう、悔いなく花菖蒲を終えようという一心で踊ってきました。

ではでは、特別な思いで参加したがんこ祭の様子をお届けします。

響天動地のがんこ祭演舞!-ファイナル会場

最終日当日は、あと三回で花菖蒲とはお別れなんだねーなんて話をしていたところ、実行委員会から連絡が...審査の結果、地元枠特別賞でファイナル会場にて演舞をさせてもらう事に!みんなそりゃもう大騒ぎで、目に涙を浮かべているメンバーもちらほらといましたよ。

こちらはファイナル会場での演舞であり、花菖蒲の最後でもある演舞です。どーぞー

浜松街中の至る所でも演舞ってきましたよ!-審査会場・キタラ・ZAZAなど

他の会場でも楽しく、温かいご声援をいただくお客さんにも楽しんでもらおうと、頑張って踊ってきました。
こちらはアクトシティ内の展示イベントホール。ピーンと張り詰めた空気の中での審査演舞でした。

20170329_143751000_iOS

こちらはキタラでの演舞。人の出入りが多いだけあって、お客さんが多く距離が近い。

20170329_143444000_iOS

こちらはZAZA広場。円形状の会場だったので、隊列に苦労しました。

20170329_143850000_iOS

こちらはソラモでのファイナル演舞。えぇもうこの場所の雰囲気で気持ち良かったです。

20170401_060856000_iOS

実録!よさこいサークルの裏側に潜入!

実録!潜入!とか言いつつ、ただのオフショットなんですけどね。あんな派手な格好をしている集団でも裏側は意外と地味なんです(笑)。そんなオフショットをお届けします。

例えばこれ、円陣の練習とかしちゃうんです(笑)

20170401_042740000_iOS

メンバー同士で青空美容院♪

20170401_042324000_iOS
20170401_045006000_iOS

次の演舞のための隊列練習

20170401_042252000_iOS

演舞前は静かにしていないといけないので、座って大人しく待機。

20170401_043106000_iOS

最終日の帰りの会は感動的なお別れ会となりました

最後の花菖蒲の演舞を終えいつもの帰りの会では、作品作りに携わったメンバーからあいさつをもらいました。

作品作りってのは並大抵の気持ちじゃできないと思うんです。初お披露目する何年も前から準備をしてきて、たくさんの時間を費やしてきて、そんな苦労をしてきた作品とお別れなので感極まっちゃったのかな。その姿に感動的な雰囲気になっていました。

20170401_044042000_iOS
20170401_044045000_iOS
20170401_044049000_iOS

この「帰りの会」で響天動地のみんなの気持ちが一つになった様な気がしました。

色々な方の支えや繋がりがあっての響天動地と実感!

ボランティアスタッフを受けてくれた新メンバー、カメラ撮影や荷物番など身の回りの管理をしてくれたお休み中のママさんたちや旦那さん、東京からわざわざ駆けつけ大旗を振ってくれた旗士のかっしーさん並びに同行された方、自チームがありながらも響天でも大旗を振ってくれた地元チーム薫風のヒロさんなど、本当にたくさんの方のサポートによって気持ちよく演舞を披露出来ていると実感しています。

こちらは一時休憩中のママさんたち。演舞動画や写真をパシャパシャ撮ってくれました。荷物番もしてくれたので、財布がひったくられる心配もなく演舞に集中できましたよ(笑)

20170401_111510000_iOS
20170402_061520000_iOS

花菖蒲が最後だという事で、予定を繰り上げて遅くまで旗を振ってくださったかっしーさんとヒロさん(左端のおっちゃん)とお手伝いとして同行してくださった方たち(左端のお姉さま)。

20170401_044650000_iOS

色々な方の支えがあるからこそ演舞できるということをずっと忘れず、良い演舞をして笑顔をお届けすることが恩返しの一つだと思ってこれからも練習に励んでいきたいと思います。

響天動地はいつでもメンバーを募集しています!

がんこ祭やはまつー効果があってか、お問い合わせをバンバンいただいており、見学・体験希望の方がほぼ毎週いらっしゃる大盛況っぷり。更にはその中のほとんどの方が僕たちと一緒に演舞ってくれるという事で、まさに響天バブル到来で今にも練習部屋が膨れ弾けるほど!本当に本当に嬉しい限りです。

知り合いもいない中で、勇気を持って入ってくれたのは本当にありがたいこと。若いメンバーが続々入ってきて、ここ数か月で平均年齢がガクンと下がってきています。年齢関係なく出来るのもよさこいの良いところで、小さいお子さんからご年配の方までいるチームさんもいるんですからね。

進級、進学、就職、転勤などなど環境の変化があり、なにかとストレスを感じやすいこの時期にリフレッシュできるものの一つとして、仲間と同じ目標に向かいながらも体を動かせて笑い合えるよさこいを考えてもらえると嬉しいです。

新曲が気になる方、どんな雰囲気で練習しているのか、反りが合うのかなど少しでも気になったときはお気軽にお問合せくださいませ~。
響天動地へのご連絡はこちらまで↓↓↓
kyoutendo_chi (at) yahoo.co.jp(担当:伊藤)
※.(at) は@(アットマーク)に変えてご送付ください 

さぁさぁ、花菖蒲の想いは胸に仕舞いつつも気持ちは切り替えて新曲お披露目に向けて練習に励みます!来年のがんこ祭では新曲を引っ提げて挑みます。今度は入賞チームとしてファイナルの舞台で踊りたいなー!