Image uploaded from iOS (3)

今年は混戦といった印象で、どの方がグランプリになるのか予想が全然つかなかったです!

そんなミス浜松2017が決まりましたっ!!グランプリはエントリー番号1番、辻奈々(中区佐藤)さん! 次点となるミス浜松まつりのお二人は2番の坪井麻理子(東区大島町)さんと4番の石野成美(北区都田町)さん!

尚、一般投票最多得点者賞は2番の坪井麻理子さんで、ミス浜松まつりとダブル受賞でした。

今日13:30から、毎年恒例のミス浜松2017コンテストがアクトシティ大ホールで開催され、今年のミス浜松が決定しました。

写真左のインタビューを受けている方が受賞直後のグランプリ、辻奈々さん。

過去のミス浜松の関連記事:

ミス浜松グランプリに輝いた1番 辻奈々さんのコンテスト中の見どころ

01_tsuzi (1)

ショートが似合う、チャレンジ精神が強みの辻奈々さん。 高3の春に舞台の世界の道へ進むことを決め、様々なオーディションを受けたとのこと。

現在も舞台の世界で頑張っている真っ最中で、ミス浜松になった暁には自分の限界を超えられるよう頑張る!と力強いアピールをしていました。

01tsuzi

2次審査での「最近の出来事や本を読んで一番感動したことは?」という質問には、 最近見た「雨に唄えば」というミュージカルを見て感動したとの回答。 いつか自分もこういう舞台に立ちたい。と語ってくれました。

ミス浜松の活動を通してより成長を重ねて、舞台の世界でより活躍する姿を見たいですね! まずはこの一年、ミス浜松として浜松のアピールを是非ともよろしくお願いします!

ミス浜松まつりは2番の坪井麻理子さんと4番の石野成美さん

2番 坪井麻理子さん

02_tsuboi

坪井さんは、コンテスト会場にきた観客の一般投票で最多得点となり、 一般投票最多得点者賞とミス浜松まつりのダブル受賞を果たしました。

浜松市副市長からの質問にあった「市外の友人が浜松に来た時、どこに連れていきたい?」の質問には 「うなパイ工場!入場料がタダでお土産にうなぎパイも貰えちゃってお得!」とユーモアのある回答で会場の笑いを誘っていました。

4番 石野成美さん

04_ishino

お団子ヘアがカワイイ正統派美人の石野さん。

高校時代に吹奏楽部に所属していたそうで、社会人になった現在も音楽を続けているそう。 コンテスト中では、自身の音楽に対する関心と音楽の街「浜松」を結び付けてのアピールが光りました。

特に審査中にあった「ミス浜松になって色々なところに行ったら何をPRしたいですか?」の質問には 「浜松まつりと音楽。どちらも市民が中心となって作ってきた文化であり、今も愛されているので」 とメッチャ優等生な解答。

はまつースタッフ内でも石野さんはミス浜松まつりに選ばれるのでは?と話題でした。

私服による1次審査と法被姿での2次審査のダイジェスト

mshama (195)

1次審査では私服による自己アピール! 2次審査では、エントリーNoの前半と後半に分かれて、前後半で異なる4つの質問に回答する。といった審査でした。

2次審査での質問は審査の皆さんから問いかけられまして、今回の質問内容は次のような感じでした。

  • 前半組への質問
    • ①ス浜松になって色々なところに行ったら何をPRしたいですか?
    • ②市外の友人が浜松に来た時、どこに連れていきたい?
    • ③最近の出来事や本を読んで一番感動したことは?
    • ④今まで生きてきた中で、今の自分に一番影響を与えた人は?
  • 後半組への質問
    • ①会場に向かって何か1つ自慢話をして下さい。特別な記録とか優勝でなくてもOKです。  → 例えば、回転寿司を20皿食べました!など
    • ②城主になったつもりで「女城主〇〇である、浜松を〇〇するぞ!」とお答えください
    • ③直虎の生き方、考え方であなたが惹かれるところは?
    • ④ミス浜松コンテストに出た理由・キッカケはなんですか?

1次審査で特技の太鼓を披露した6番の松本茉子さん

mshama (60)

1次審査の中でお一人奇抜な恰好をされている方が。 よさこいの演舞が始まるのか!?と思っていたら、なんと特技の太鼓を披露!

かっちょ良く見事なバチ捌きの松本さんでした。

13番 實原瞳さんは「サロン経営者」という異色のプロフィール

mshama (82)

今回の18名の出場者の中で異色のプロフだったのが實原瞳さん。 なんと現在は歯のホワイトニングのサロンを経営してらっしゃるんだとか。

審査中の「城主になったつもりで「女城主〇〇である、浜松を〇〇するぞ!」とお答えください」の質問には 「浜松は街中が寂しい現状があるので、活性化させたいな!街中をもっと活性化できるような城主に。」といった経営者らしい 一歩高い視点からの回答に審査員も会場の方々も唸っていました。

2016年のミス浜松の皆さんお疲れさまでした!

mshama (157)

というわけで、2017年のミス浜松の皆さんが決定しました。
これにて、2016年のミス浜松の方々の任期は終了になります。

大久保結菜さん、伊藤晏那さん、池谷菜奈子さん、1年間お疲れさまでした!!
2017年のミス浜松の皆さん、これから1年間、浜松のPRをよろしくお願いしまーす。 


// 5/3 20:57更新しました 
// 5/4 16:20更新しました