10

冬キャンプが好きな中の人です、こんにちは。

登山とキャンプの基礎から実践までを学べる「アウトドアの学校」という面白い取り組みがありまして、今年で4回目になるんだとか。

アウトドアに興味があるけど何からやっていいのかわからない方や、アウトドア仲間を作りたい方におすすめなので紹介するよ〜

"【一度覚えたら、きっと一生楽しめる】をテーマに、学び、体験していただくカレッジ"ってことで、アウトドアを通して得ることの出来る素晴らしい経験、自然の中で仲間と共有する時間を体験するための第一歩になること間違い無しです。

アウトドア初心者にこそおすすめ!な全4回のカリキュラム

33

1回目と2回めは座学メインの講座、3回目は軽登山で、4回目は一泊キャンプ。これで全4回のカリキュラムになってます。参加費については以下のページで確認してみてくださいね。

初心者でも大丈夫と言うのは、講師陣に確認済み!興味のある生徒候補は、安心して申し込もう!そうそう、志望動機の最後に「はまつー見て興味を持ったので」って書き加えましょうね。

参加したいけどなんか漠然と不安だ…!って方はお問い合わせ内容を見てみよう。運動不足気味でも、体力にあまり自身がなくても、まずはアウトドアに興味があって、参加の意欲さえあれば大丈夫そうってことが分かるよ。駅の階段登るの最近辛いんだよなって人は、フィールドワークの日までにちょっとリハビリしておけばよさそう!

■よくあるお問合わせ内容

Q、女性で一人で参加ですが、大丈夫でしょうか?
A、女性が過半数で、受講生の90%はお一人で参加です。(希望者多数の場合は抽選になるため、複数人で応募しても単体参加になる場合もあります、ご了承下さい)

Q、本当に初心者で、道具も無いのですが、大丈夫ですか?
A、ほとんどの方が初心者で、しかも、全く道具を持っていない状態で受講しています。「最初は何を、いくら位で買えばいいか?」という講義がありますので、それを聞いてから購入する方がほとんどです。

Q、運動を普段していないのですが大丈夫でしょうか?
A、通常の成人ほどの体力(駅の階段を普通に登れる)くらいであれば、問題なく参加できます。 ※とはいえ、みなさん受講が決まると、朝のウォーキングなどで気合を入れて望まれる人も多いようです。健康的ですね^^

Q.一人参加なため、楽しく学べるか少し心配しています。また、同じ年代の方の参加はありますか?
A.例年40~50歳以上の参加者の方も一定数いらっしゃいます。20代・30代の参加者もいらっしゃって幅が広く、最初はみなさん年齢の差を気にしていますが、入校してしまうとみなさん同じ同級生となりますので、ヨコの関係となって楽しく学んで頂いています。

Q.昔はカメラを持っていましたが、現在は、スマホのカメラを使用しています。本格的なカメラが必要ですか。
A.本格的なカメラは不要です、半数ほどがデジカメで半数はスマホのカメラでカメラ教室を受講しています。山に持っていくので軽いほうが初心者には向いています。スマホで上手に撮影するコツを授業でお教えしています。

ね、大丈夫そうでしょ?カメラもスマホでいいってことで、とりあえず身一つで参加できちゃいます。

アウトドアグッズは実際に教えてもらってから揃え始めるくらいでOK!先走って講座前に気合い入れて揃えると、きっといろいろな意味で大変なことになります(笑)

で、実際のところ「アウトドアの学校」ってどうよ??と、卒業生に聞いた話

21617737_1593029157407568_4386350357476027239_n
※写真は「アウトドアの学校」公式FBページより

中の人は2回目くらいからこの活動を知っていて、「アウトドアの学校」ではアウトドア基礎知識からキャンプ・登山・写真を学べる場。雰囲気としては、初心者OKでいい感じでゆるく、でも講座と実践で一通りバッチリ押さえている。

そして、学校ってことで実際に講師陣と参加者が一緒にフィールドワークを行うカリキュラムなので、参加者同士がとても仲良くなるのが特徴なんだとか。

実際に卒業生の方の話を聞いたことがあるのですが、卒業後も一緒に山に行ったりキャンプしたりしているらしいです。何それ最高じゃん。

30

とまあ、実際に参加した人の話が一番参考になると思うので上のページ見てください!(投げやり)

このページは、過去に参加した卒業生の声が紹介されているページで、つまりは「大人同士がアウトドアを通じて超仲良くなる」というなかなかレアな体験ができるのが、この学校のすごく良いところ!と、みなさん口をそろえて言ってましたね!

以上、「アウトドアの学校」が10/14から週末隔週(全4回)で開催するから紹介するよー!って記事でした。ちなみに、参加費用は全カリキュラム通しで4万円。講師の謝礼、キャンプ道具の貸出費用、登山・キャンプの保険、キャンプ場「掛川市さくら咲く学校」への寄付金等が含まれています。

アウトドアのがっこう Facebookページ

※写真はアウトドアの学校公式ウェブサイトよりお借りしました