25

2018年2月2日に、浜松市は浜松市公式ウェブサイトにて「ごみ処理非常事態宣言」を発表しています。意外と知らなかった人も多いかも?

"南部清掃工場で設備の不具合があり、平成30年2月20日ごろまでもえるごみの一部を焼却処理することができなくなりました。"とのことで、ごみ処理体制の非常事態。

なお一層のごみ減量にご理解とご協力をと呼びかけています。ゴミの収集は通常通り行われる予定ですが、ちょっとずつ出るゴミの量を減らしていく工夫をしていきましょう!

南部清掃工場で設備不具合でごみ処理追いつかず、浜松市は「ごみ処理非常事態宣言」を発表

南部清掃工場の焼却炉が一部使えなくなっているようで、ごみ処理が間に合わないというまさに非常事態!浜松市公式ウェブサイトでは主に4つに分けてゴミの削減と削減方法を呼びかけています。

1.ごみの総量を削減してください

  • 生ごみなどを除き、衛生上影響のないごみは家庭や事業所へ貯め置いてください。
  • もえないごみや連絡ごみのごみ出しも極力控えてください。(これらのごみからも破砕により可燃物が発生します。)

2.生ごみの水分を少なくしてください

  • 水切りグッズ等を使用して、生ごみの水分を十分にカットしてください。
    (※水切りグッズ(水切りプレス)は、区役所、協働センターで無料配布しています。)
  • 家庭に使っていないコンポストなどの堆肥化容器がある場合は、活用して生ごみの堆肥化をしてください。

3.雑がみ等資源物の分別をしてください

  • 雑がみなどの古紙類や古着は、市や民間の回収拠点へ出してください。また、庭の剪定枝や除草した草はみどりのリサイクル(ごみカレンダー裏面参照)へ持ち込んでください。
  • 汚れているプラスチック製容器包装は、水洗い等してからプラマークの日に出してください。

4.食品ロスを削減してください

  • 家庭での食事や外食時には、残さず食べ切ってください。
  • 必要以上に買いすぎない、作りすぎないようにしてください。
  • 飲食店では、食べ残しを減らすよう、お客さんに食べ切りを推奨してください。

南部清掃工場のフル再稼働は20日頃の予定

詳しい情報は中日新聞の以下のニュースを参照してください。

(中略)二基目は二月十八日に再稼働予定で、まずは工場内にためておいたごみを処理する。二十日から定期点検を終えた焼却炉が加わり、三基体制が復旧する。二十日までに処理できないごみの量は、約二千八百三十トンに上る見込み。市は破砕により可燃物が発生する不燃ごみや連絡ごみを出すことも控えるよう呼び掛ける。

南部清掃工場は3基の焼却炉があり、現在は不具合のあった配管を使わない方法で1基が稼働中。もう1基は2月18日に再稼働予定で、残る1基は毎年恒例の定期点検中とのこと。

というわけで、20日からたまったゴミが順次しょりされるってことで、2月いっぱいはゴミの削減に努めましょうー!

【おまけ】生ゴミ削減!浜松版「水切りプレス」が無料配布されてる

区役所では生ゴミの水分を搾り取るグッズ「やらまいか!水切りプレス」を無料配布しています。こんな感じの形をしていて、ぎゅぎゅっと水分を絞れる便利グッズらしいです。初めて知った。

32

市民の声を取り入れて改良された、我らの家康くんマークがついている浜松市製作の優れものらしいですよ。なるほどーだからやらまいか!って名前がついているんですねー

中の人はまだ貰いに行っていないので、ゴミ削減に意欲満々でゲットしたよ!って方はぜひ感想を!

【追記】協働センターでも配布されているらしいですよ!

【おまけ2】湖西市でも「ごみ減量のお願い」がでてるみたい

どうやら湖西市の燃えるゴミは浜松市に処理を委託しているようで、浜松市の「ごみ処理非常事態宣言」と同様に湖西市でも「ごみ減量のお願い」が湖西市公式ウェブサイトに出されています。