スクリーンショット_2019-03-08_23_07_20

2月20日に高校入試の志願状況が県教育課のWebサイトで公開されました。 この後、2月26,27には志願変更の受付が行われ、公立高校入試倍率が確定します。

入試は3月5,6日に行われます。合格発表は3月14日正午以降に各高校で合格者の受験番号が掲示されます。
※この記事は2019年3月の内容です。

※志願状況の公開後、2/26,27に受け付ける志願変更によって志願倍率は変動します。正式な倍率の確定は志願変更後に公開される予定です。この記事ではサブタイトルに(志願変更前)、(志願変更後)と明記して区別しています。

関連記事:過去の公立高校入試倍率状況

【※3/1 追記】志願変更後の倍率が公開されました!

主な進学校普通科の倍率は1.12〜1.34倍で浜松北・浜松市立が人気、浜松南の理数は2.20倍、磐田南の理数は2.08倍(志願変更前)

学科別で倍率が高かったのは、昨年と同じく浜松南の理数で「2.05倍」です。磐田南の理数は「2.00倍」、浜松北の国際は「1.35倍」、浜松工業の理数工学は「1.33倍」と、例年通り理数科はどの学校でも人気です。

主な普通科の進学校は、浜松北 普通 「1.30倍」、浜松西 「1.33倍」、浜松南 普通「1.17倍」、浜松市立 「1.24倍」でした。

平成30年の高等学校入学者選抜について詳しく知れる資料

例年同様、各日程や志願方法、受験の仕組みなどの詳しい資料は以下の「公立高校を目指すあなたへ2」の資料を参照してください。基本的な受験に関するの情報から、併願やくくり募集などのよくある質問などはこれでばっちり解決されます!毎年更新されている冊子(PDF)です。