hamamatsuburger1

浜松西ICのすぐ横にある「浜名湖グルメパーク」内に変化が!ハンバーガー専門店の「浜松バーガースタンド〇〇」が2019年8月9日にオープンしたので、さっそく行ってみました!

看板商品の「浜松バーガー」は、肉汁あふれる牛肉100%の肉厚ハンバーグに、浜松産のトマトとシャキシャキレタスも入ってボリューム満点!お値段は680円で大満足な1品です。
ちなみに店名の「〇〇」は「まるまる」と読むみたい。伏せ字じゃないよ!

ではでは、「浜松バーガースタンド〇〇」の食レポ記事をお送りします!

「浜松バーガースタンド〇〇」は浜松西IC近くにある浜名湖グルメパークの入り口すぐ横!

hamamatsugourmetpark

浜松バーガースタンド〇〇は、浜名湖グルメパークにある名産品やお土産物が買える店内入り口の左横にあります。目印は赤い「〇〇」のロゴマーク。

hamamatsuburgerstand

かわいらしいカウンターに「〇〇」のロゴマークが光る、おしゃれな店構えが写真映えしますね!どっからどう見ても8とか∞(無限)に見えますがお店の人曰く「〇〇」とのこと。

バーガーは8種類、おススメの「浜松バーガー」はシンプルだけど肉汁最高!!

menu

浜松バーガースタンド〇〇に来たら、まず1番最初はシンプルな「浜松バーガー」がおススメです。
注文してから待つこと5分少々…。

hamamatsuburger1

浜松バーガーの実物はこちら!
牛肉100%のハンバーグからは、食べる前から肉汁があふれ出ています。


hamamatsuburger3

2センチ以上はありそうなハンバーグに、厚切りトマトとレタスはもちろん浜松産。バンズの〇〇印もかわいいですね。8に見えますが〇〇ですよ!(しつこい)
袋状の包み紙がついてくるので、その中に入れて食べましょう。

いざ実食…。

hamamatsuburger2

うん!めちゃくちゃお肉!!

ハンバーガーというよりハンバーグ!

牛肉感がダイレクトに感じられるので、お肉好きの人には絶対食べてもらいたいハンバーガー。バンズはふんわり柔らかいタイプでお肉やトマト、レタスの食感を邪魔せず、女性でもモリモリ一気に食べられます。

かなりボリュームがあったのに一瞬で食べ終わってしまいました…。完食してから考えると、このボリューム感で680円はなかなかリーズナブルですね。

「浜松餃子バーガー」と「峯野牛ステーキバーガー」が気になる

さて、ここでもう1度メニューを見直すしてみましょう。

浜松バーガースタンド〇〇のメニューの中でもひときわ異彩を放っているのが「浜松餃子バーガー」「峯野牛ステーキバーガー」の2つ。

menu

浜松餃子バーガーは、餃子が挟まれていることは想像できますが、何と浜松餃子に欠かせない「もやし」までインしているみたい。バンズに挟まれた餃子ともやし、一体どんな味がするのでしょうか?

さらに気になるのは、峯野牛ステーキバーガー。
何と…お値段 2,000円!!!
峯野牛ステーキバーガーは浜松産のブランド牛・峯野牛のステーキがドカンと1枚まるまる入った衝撃の1品…。2,000円っていったら普通に美味しいディナーが食べられるお値段では?だって「浜松バーガー」3個食べれるよこれ…!

どちらも、いつかは食べてみたい2品ですね。誰か餃子バーガー食べたら教えてください。

イートインはテラスが基本、猛暑の現在は隣の浜松プリン「Priful」さんの奥を解放中。テイクアウトもOK!

eatin1

浜松バーガースタンド〇〇のイートインコーナーは、正面にはベンチやテラス席。ほどよく日陰ですが、とにかく暑すぎるのでこの季節は日陰でもツライ~!!

と思っていたら、現在はお隣の浜松プリン「Priful」さんの奥のスペースをイートインコーナーとして解放中とのこと。

priful
eatin2

涼しい店内でゆっくりハンバーガーを楽しめますよ。
お家に持ち帰って食べたい人やドライブしながら食べたい人は、テイクアウトもOKです。

ちなみにお隣は「浜松ソフトクリームスタンド&」さん。ハンバーガー後のデザートにはおいしいソフトクリームを食べれば完璧です。

hamamatsusoftcreamstand
softcream

浜松バーガースタンド〇〇の店舗情報

営業時間は「10時~16時」、お休みは「不定休」です。
住所は「静岡県浜松市西区湖東町5652-1浜松グルメパーク内 浜松西IC横」
詳しくは以下の公式サイトをチェックしてください

書いた人:ナオ(Naoの楽しく働く毎日

編集した人:鳥居(はまつー)