2019−9占い

夜になると秋の虫の音色も響き、ひと頃に比べ過ごしやすくなってきました。食べ物も美味しい季節を迎えますし、レジャーや旅行などで過ごすのも楽しいでしょう。しかし、人生を楽しくするものはそれだけではありません。今月も運勢をアップし、より良い人生を生きるヒントを書いてみたつもりです。参考にしていただけると幸いです。

九星別に★を付けています。 単純に星が多いほど運気が高いです。
★★★『おぉぉー!すげぇぇー!!』
★★『まあまあ。』
★『あれれ。』 くらいの意味に考えてください。
ポイントもまとめていますので参考にしてください。
九星気学は旧暦を使いますので9月は9/8(白露)~10/7の期間となります。
また、節分(2/3)までの生まれの方は前年を参照して下さい。
例1)昭和62年2月3日生まれ→ 昭和61年の[五黄土星]
例2)昭和62年2月4日生まれ→ 昭和62年の[四緑木星]

一白水星★★【人の悩みに丁寧に対応。】

昭和11・20・29・38・47・56年、平成2・11・20年生まれの方

先月に比べれば心は明るく前向きになってくる。自分が明るい気持ちを持てるからか、かえってそれが周りの人たちの悩みを引き寄せることになるかもしれない。そんな時はどう考えるだろうか。一白水星なら丁寧に親切に接した方がいいだろう。そのせいか物事が進まず、止まって見えることになるかもしれない。しかし今月はこれでいい。なぜならそれが一白水星の役割でもあるのだから。

ラッキーフード:甘いもの全般、うなぎいも 一白水星の方にお勧めの記事はこちら!

二黒土星★★★【応援者の存在がカギ。】

昭和10・19・28・37・46・55年、平成元・10・19年生まれの方

秋になって調子が出てきた。忙しくなるが周囲との関係もいいので頼りにできる。さらに声が掛かったり、新しい動きが出てくると思う。これは仕事でもプライベートでも同じで、忙しいからといって断らない方がいい。断ってしまえばそれで終わりだが、自分一人で進めようとせずに周りに協力を頼めばスムーズに進んでいくだろう。そして恋も周りの人たちを巻き込むことでうまくいく。ただ気を付けたいのは、元気なだけにぞんざいなものの言い方にならない事。言葉を選びつつ進めていきたい。

今月のお勧め:少し早起きしてカフェで野菜多めのモーニングを
二黒土星の方にお勧めの記事はこちら!

三碧木星★★★【強引な姿勢は避ける。】

昭和18・27・36・45・54・63年、平成9・18年生まれの方

今月も運勢は高い。三碧木星ならガンガン行きたくなるところだが、少し落ち着いて周りを把握したい。順調に見えてももしかしたら背後にトラブルが迫っていないだろうか?確認したいところだ。それでも運勢は強いから前向きな考え方でいいと思う。その時に大切なのは強引さを捨てることであって、無理矢理押し通すことは避けるべきだろう。つまり今月は中身の充実を図り、周囲との調和を図る一ヵ月と考えたほうがいい。場合によっては修正や方向転換が必要なこともある。柔軟な対応を。

今月のお勧め:ちょっとした遠出、SNSやブログ広告を使った情報発信
三碧木星の方にお勧めの記事はこちら!

四緑木星★★【急がば回れの気持ちで。】

昭和17・26・35・44・53・62年、平成8・17年生まれの方

運勢の強かった7月8月の流れを受け、今月も活動的にすごし、今までの遅れをとりもどしたくなるかもしれない。人によっては一足飛びに事をなす気持ちにもなるだろう。しかし、今月必要な心構えは「急がば回れ」。急いではいけないタイミングにきているのだ。じっくりと育て上げる気持ちが大切と言えるだろう。それは他の人たちへのアプローチも同じで、周囲の人たちの気持ちをまとめ上げる心構えが必要。自分にとって英気を養うことが大切な1ヵ月となる。

今月のお勧め:ハンバーグ、グランピング、駅ビルや駅近くでの買い物 
四緑木星の方にお勧めの記事はこちら!

五黄土星★★【責任感が必要な時。】

昭和16・25・34・43・52・61年、平成7・16年生まれの方

先月自分の動きを止め、見直しを図ることができた五黄土星、今月は責任のある仕事を任されそう。中には未経験の仕事を任されたり、上司の代わりにお客様の対応をすることになったりと、今までとは全然別の成果を問われる場面もあるだろう。そのためか焦りを感じたりすることも増えるかもしれない。必要なことはぶっきらぼうに周囲の人たちと接することがないように注意すること、感謝とお礼を必ず態度と言葉で表わすことだ。五黄土星には意外と難しいかもしれない。

今月のお勧め:サイクリング、神社仏閣巡り
五黄土星の方にお勧めの記事はこちら!

六白金星★★【成果が現れる時だから。】

昭和15・24・33・42・51・60年、平成6・15年生まれの方

今までの流れに一区切りつくようなことがありそう。つまり結果や成果が現れることがあるかもしれない。成果が現れた場合、六白金星はついついさらに高いところを目指してしまうという傾向がある。人としてこの姿勢は尊いものであるが、周囲の人たちがついてこれるかどうかも同様に大切な観点だと思う。何か事をなしたのならば慰労会や食事会、飲み会などがかえって功を奏する、そんな時でもある。人との関係にトラブルが起きやすい時もであるので、家族や恋人との食事会も積極的に活用したい。

ラッキースポット:喫茶店、ビアガーデン
六白金星の方にお勧めの記事はこちら!

七赤金星★★【流されるより流れを予想しつつ。】

昭和14・23・32・41・50・59年、平成5・14年生まれの方

高運気の七赤金星、運勢の強い時は物事が安定的に進むと考える人が多いと思う。しかし七赤金星は少し違う。自ら大きな変化変革を起こし、古いものを捨て新しいものに改めることが求められる。つまり何かを変えなければ目標の実現は厳しいということだ。さて、先月も変化の時だった七赤金星だが今月は今年一番の変革期を迎える。この変化は自分が思い描いた目標に近づくための大きな一歩になるだろし、変化の流れを予想することによって楽しむこともできるようになるだろう。お彼岸にはお墓参りをお勧めする。

ラッキーフード:ハンバーグ、甘味(神社仏閣で食べると大吉)
七赤金星の方にお勧めの記事はこちら!

八白土星★★【言葉遣いに注意したい。】

昭和13・22・31・40・49・58年、平成4・13年生まれの方

秋の気配とともに、今月は人の動きも物事の動きもよく見えるようになり、先月までの問題に解決の糸口が見えてくる。問題点がどこだったか、どこを改善したらいいのか判断できるようになるだろう。しかしそれだけに言葉遣いには十分注意したい。というのは問題点の指摘は批判と取られることも多いからだ。勘違いされると相手の心を傷付けるだけでなく、場合によっては口論となり、人間関係を壊してしまう事もあり得る。これは仕事だけではなくプライベートでも同様、恋仲の2人であればなおさら注意したい。

今月のお勧め:読書(特に図書館は大吉)、芸術鑑賞
八白土星の方にお勧めの記事はこちら!

九紫火星★【周囲は愛にあふれているはず。】

昭和12・21・31・39・48・57年、平成3・12・21年生まれの方

寝苦しい夜も少なくなり、朝晩も過ごしやすくなってきた。しかし九紫火星は眠りの質が悪いせいか体調を崩しやすい。また経済的にも不安になる人がある。この不安感が問題で、人間不信につながってしまうからある意味不思議だ。お金がない原因は自分にあるはずなのに人にせいにしたくなってしまうのだろう。人間不信からくる孤独感はさらによくない。こんな時は周囲を見渡し、ご飯を作ってくれるのは誰なのかとか、職場でもゴミの片づけをしてくれるのは誰なのかといったことをちょっとしたことを振り返ろう。周囲は愛にあふれているはずだ。

今月のお勧め:読書(特に図書館は大吉)、芸術鑑賞
九紫火星の方にお勧めの記事はこちら!

生徒さんゆるーく募集

毎月2回「実践気学いいん会」という名称でセミナーを開催しています。
開運の具体的な方法や、九星気学による鑑定の方法を教えています。
詳しく内容を知りたい方や興味がある方は直接ご連絡ください。
【電話番号】090-9192-1722(大庭)まで
※直近では9月20日(金)19時より開催予定です。