2020−01占い

令和二年が始まりました。今年の十干は「庚(かのえ)」、十二支は「子(ね)」、九星は「七赤金星」となります。九星気学では旧暦を使うので新しい年は2月4日の立春を迎えてからになりますが、すでに新年の気は立ち上がっています。十干の「庚」は更新の「更」につながり、十二支の「子」は終了の「了」と始まりの「一」の組み合わせ。何かが終わり、何かが始まる、そんな予感がしますね。しかし流れに乗ることが皆様にとっても幸せの気に乗る流れになります。具体的な方法を今年も説明していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

九星別に★を付けています。 単純に星が多いほど運気が高いです。
★★★『おぉぉー!すげぇぇー!!』
★★『まあまあ。』
★『あれれ。』
くらいの意味に考えてください。 ポイントもまとめていますので参考にしてください。
九星気学は旧暦を使いますので1月は1/6(小寒)~2/3の期間となります。
また、節分(2/3)までの生まれの方は前年を参照して下さい。
例1)昭和62年2月3日生まれ→ 昭和61年の[五黄土星]
例2)昭和62年2月4日生まれ→ 昭和62年の[四緑木星]

一白水星★★★【これまでの活動をまとめる時。】

昭和11・20・29・38・47・56年、平成2・11・20年生まれの方

年末年始をゆっくり過ごした一白水星だが、仕事始めを迎え一気に忙しくなりそう。今年は転換期を迎えるが、まだ今月は運勢の強さが残っているのでまずは昨年やり残した事をしっかりと処理しておこう。マルチタスクが苦手な一白水星、これまでの仕事や活動をまとめ上げ、ケリを付けることによって今年の活動に本格的に取り組めるようになる。また、ケンカが起こりやすい時期でもある。口論になると長引くことになる。いったん収まったように見えても再燃しかねないのでので注意したい。解決のヒントは上司や先輩を立てる事だろう。

今月のお勧め:ドライブ、サイクリング、神社仏閣巡り、初詣
一白水星の方にお勧めの記事はこちら!

二黒土星★★【人が集まる時、対話が大切。】

昭和10・19・28・37・46・55年、平成元・10・19年生まれの方

3年間に渡る転換期2年目の二黒土星、年頭にはさらなる成長を誓ったことと思う。そういった誓いの元に多くの仲間が集うひと月になるだろう。今月の出会いは今後の人生に大きな意味をもたらしそうだから時間を割いてでも機会を大切にしたい。そういった意味でも新年会の誘いには乗った方がいいし、自ら食事会などを演出してもいい。お金を使ってでも周囲とコミュニケーションを取るようにしたい。また今月はお金の話をするには最適な時でもあるので、将来の備えを考えてみたらどうだろうか。

ラッキースポット:カフェ、喫茶店、居酒屋
二黒土星の方にお勧めの記事はこちら!

三碧木星★★【楽しむ雰囲気で取り組みたい。】

昭和18・27・36・45・54・63年、平成9・18年生まれの方

年末年始は家族や友人とともに過ごすことができて楽しく過ごすことができただろう。しかし仕事始めを迎える頃からのんびりしていられなくなりそうだ。中には新規プロジェクトを任されるような人も出てくるだろう。新しい事が嫌いではない三碧木星だが、今月はなぜか調子が出ない上に批判を受けたり、ささいな噂を流されてしまうようなこともあるかもしれない。だがそれらは今月中に収まってしまうものだから心配はいらない。気にせずに自分自身が楽しむ雰囲気で仕事に取り組むことがだろう。

ラッキーフード:牛肉、ハンバーグ 、甘味(神社仏閣で食べると大吉)
三碧木星の方にお勧めの記事はこちら!

四緑木星★★【平常心を意識して。】

昭和17・26・35・44・53・62年、平成8・17年生まれの方

気分よく新年を迎える事ができたと思う。頭の働きも良く、いろいろなことに気付くだろうし、アイデアも浮かぶ。しかし逆に人への気付きも増えて小言や文句を口に出してしまう、そんな事が多くなるかもしれない。思い通りにならない結果が自分の言葉になって出てしまう行為だが、周りからの評価を下げてしまうので避けたいところだ。もしイラつくことがあり、人に当たるような事があればさらに悪い評判となってしまうだろう。疲れが溜まると事故やケガにもつながるから注意したいところ。

ラッキーアイテム:アイデア商品、芸術鑑賞
四緑木星の方にお勧めの記事はこちら!

五黄土星★【前向きになれないかもしれないが。】

昭和16・25・34・43・52・61年、平成7・16年生まれの方

新年を迎えたが今月の五黄土星、運勢は低調。なぜか疲れていて身体が重いし、気分も沈みがちだろう。しかし周囲はそのようには見てくれない。やらなくてはいけない仕事は頼まれるし、しかも期限を切られるような事もあるだろう。だがじつはこのような仕事にきちっと丁寧に対応することが五黄土星の運勢を強くしてくれる。前向きに取り組んだ方がいいだろう。気分が乗らないからとドタキャンや諦めはもったいない。運勢が強くなる3月までにはやるべきことはきちっとやっておこう。インフルエンザには注意の事。

ラッキーフード: お酒、麺類
五黄土星の方にお勧めの記事はこちら!

六白金星★★【ゆっくりとしたスタートを。】

昭和15・24・33・42・51・60年、平成6・15年生まれの方

新年が明けスタートダッシュを切りたいだろう。確かに正月休みが明けると同時に忙しいし、やる事も多い。しかしじつは物事が思うようにスムーズにはいかない。予想以上に時間がかかるし、周囲も思ったように動いてくれない。であるならば自分のペースを下げてみたらどうだろうか。つまり今月はゆるやかな気持ちでゆったり気分も許されるということだ。来月からはのんびり過ごすこともできなくなるかもしれないので、片付けや準備は今のうちにして、プライベートを充実させておこう。

ラッキーフード:甘いもの全般、お好み焼き
六白金星の方にお勧めの記事はこちら!

七赤金星★★★【明るさと元気さを意識したい。】

昭和14・23・32・41・50・59年、平成5・14年生まれの方

慌ただしい中仕事始めを迎える七赤金星がいる。思えば昨年後半からいろいろと負荷がかかり、困難な状況が続いた人もいるだろう。今年は一度原点に返って自分自身を見つめなおす必要がありそうだ。さて、今月の七赤金星はいろいろなところから声がかかる。突然お呼びがかかることもあるだろうし、声だけで中身がないこともあるかもしれない。スケジュール調整が大変だろうが、顔を出すことをお勧めする。普段から明るく元気よく周囲に声をかけ、細かい配慮をすることが今年の開運につながるので意識し始めたい1月でもある。

今月のお勧め:イルミネーション、カフェでのモーニング
七赤金星の方にお勧めの記事はこちら!

八白土星★★★【損は徳につながる。】

昭和13・22・31・40・49・58年、平成4・13年生まれの方

昨年は周囲を活躍させていた八白土星、これからが勝負の時となる。自らも活躍の時が間もなくやってくるだろう。人を紹介されたり来客があったりといろいろな話が飛び交うかもしれない。打ち合わせや新年会など、お茶したり食事したりと外出の回数も増えることが予想される。こんな時だから人への情報提供も必要だし、財布のヒモは締めすぎないようにしたい。つまり相手の願いを先に叶えてあげることが自分の願いを叶えることにつながると考えてほしい。損得は損があってから得があるというものだ。

今月のお勧め:ちょっとした遠出、SNSやブログ広告を使った情報発信
八白土星の方にお勧めの記事はこちら!

九紫火星★★【身の回りの整理整頓を。】

昭和12・21・31・39・48・57年、平成3・12・21年生まれの方

忙しかった昨年から思えば年初は物事が進まないだろう。人によっては停滞感を感じるかもしれないが、今はそれでいい。そんな時だからこそできなかった読書や、身の回りの整理整頓、資料の分別など落ち着いた生活に切り替えていくのがいいだろう。じつは今年の九紫火星、バタバタと動き回るよりも落ち着いた生活を心がけた方が運勢アップにつながる。その切り替えになる今月は特に強く停滞感を感じてしまうのだろう。しかし行動を控えめにしても、笑顔は控えめにしないことがさらなる運気アップにつながると心得て。

今月のお勧め:牛肉、ハンバーグ、駅ビルや駅近くでの買い物
九紫火星の方にお勧めの記事はこちら!

生徒さんゆるーく募集中

毎月2回「実践気学いいん会」という名称でセミナーを開催しています。
セミナーでは開運の具体的な方法や、九星気学による鑑定の方法を教えています。
詳しく内容を知りたい方や興味がある方は直接ご連絡ください。
【電話番号】090-9192-1722(大庭)まで