IMG_4098

また紙の話してる…(挨拶)

昨日、浜松市内のドラッグストアやスーパーからトイレットペーパーやティッシュペーパーが一時的に在庫切れを起こしていましたが、日本家庭紙工業会は「紙の供給力、在庫は十分にある」と発表しています。

そのため、マスクのような供給不足になることは考えにくく、本当に必要な分量はどのくらいかを検討してから購入することをおすすめします。ちゃんとした根拠のある情報を当たりましょう。

そして、不要不急な買い溜めをする前に、いま本当に欲しい人・なるべく多くの人へと必要物資が行き渡るように個人個人の心がけが必要です。

「トイレットペーパー、ティシューペーパーの供給力、在庫は十分にあります」と日本家庭紙工業会がお知らせ

昨日、日本家庭紙工業(日本製紙連合会)から以下のような異例の発表がありました。内容はPDFの一部です。

トイレットペーパー、ティシューペーパーについては殆どが国内工場で生産されており、新型コロナウイルスによる影響を受けず、現在も通常通りの生産・供給を行っております。また原材料調達についても中国に依存しておらず、製品在庫も十分にありますので、需要を満たす十分な供給量・在庫を確保しています。

●現在、一部地域では一時的に購入しにくい状況となっておりますが、物流が整い次第、消費者の皆様のお手元に届くようになります。どうぞご安心ください。

今回の原因はネットのデマ情報を信じた消費者の一斉行動

原因はネットのデマ情報。SNSの投稿などが発端となり、煽り立ててネットニュースとして配信した一部メディアによってそれを鵜呑みにして信じた消費者が行動を起こした結果、一時的に需要が跳ね上がったようです。

一方で消費者がデマ情報を信じてしまうのは仕方がない背景があります。直近のマスクや衛生関連製品の品薄状態が記憶に新しく、入手困難になって困った方が続出しました。さらにこれから3月2日からの学校一斉休校により買い物に出にくくなることが予想されたことなど、様々な思惑が重なったためではないかと、私は推測しています。

とりわけ、一斉休校の速報が木曜日の夕方に流れたことが大きな意味を持っていて、共働き世帯の方々は家に帰ってからそれを知ったという方は多かったと思います。育児世代の働き手は翌日の金曜日しか余裕がないわけで、外出も控えたほうがいいということから金曜日に買い溜めを行う消費者が増えたと想像することが出来ます。

小売店「入荷の予定はあるが需要が一気にきたので今後安定供給出来るかが課題」

S__54820866

市内のドラッグストアでは、「一気に在庫がはけてしまったので一時的に入荷は不安定になる」とコメントしており、過去のデータから一定の需要を見込んで入荷計画を立てているので、今回のように一気に需要が高まったときには入荷が一時的に不安定な状態になるとのこと。

物流の問題で、入荷自体が未定という状況ではないため、入荷次第速やかに再陳列されるとのことです。まだしばらくはティッシュペーパーやトイレットペーパーがマスクのように長期間買えなくなるという緊急的な状況にはならないだろうと現時点の情報の限りでは予想できるので、今急いで会周りに奔走したり、高価な転売商品を買わなくても良さそうです。

ネットスーパーでは昨日から紙類の注文を制限・停止している模様

大手ネットスーパや、地元ドラッグストア系列のネットスーパーでは2月28日時点ですでにティッシュペーパーやトイレットペーパーの販売を一時的に制限または停止していました。

その他の食品などは通常通り購入できるので、外に出られず買い物に困っている育児世代のみなさまは是非利用してみてください。coopほど優秀ではないですが、店頭と変わらない手ごろな値段で家の前まで運んでくれるのでとても頼もしいです。

いやー、昨夜冷凍うどんとプロテインを買いに行ったら空の棚を見つけたので驚きました。現場からは、以上です。

おじいちゃん、オイルショックじゃないんですから、1個か2個だけにしましょうね。