マイナポータルの特別定額給付金申請ページ

ニュースなどでも話題になっている一人10万円の一律定額給付金。我らが自治体の浜松市でも申請手続きの受付が5月8日より開始されました。これは、令和2年4月20日閣議決定された「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」によるもので、お住いの自治体に世帯主の方が申請する必要があります。

今知っておくべきポイントをまとめると、以下の3つになります。

  • 9月上旬まで申請を受け付けているのでまだまだ期間に余裕があること
  • 全世帯に郵送で申請書が届くのが6月上旬以後の見通しであること
  • 郵送による申請オンライン申請であること(密を避けるため、基本的には窓口申請ではない)

この3つを念頭に、申請方法をざっくりおさらいして「つまり、急ぎでなければオンライン申請するか、6月頃に申請書が来たら必要事項を記入して返送すればよい。完全に理解したわ。」ってことを確認してさくっと特別定額給付金の申請について理解して心を落ち着かせましょう!

【前提条件】 10万円の特別定額給付金は令和2年4月27日時点で浜松市の住民になっている方が対象

令和2年4月27日時点で浜松市の住民になっている方が対象で、支給額は1人あたり10万円。世帯主がまとめて申請を行います。忘れていて申請しないとおそらく給付されないので注意です!

ざっくり申請方法は3パターン

ざっくり申請方法は「申請書を郵送する」か「マイナンバーカードを使ったオンライン申請」のどちらかです。そして、いますぐ給付金がないとやばい!という方向けに郵送による「早期特別申請」という方法が設けられています。

どの方法でも申請はできますが、給付は1回のみです。

詳しい申請方法は浜松市のウェブサイトに掲載されているので、申請する前に詳細を必ず確認してくださいね!

早期特別申請

とにかく今すぐ給付金がないとやばい!!という方は「早期特別申請」を検討してください。

必要書類を浜松市のウェブサイトからダウンロードするか、各区役所・協働センター・ふれあいセンターで入手して、必要事項を記入して郵送します。

一方で、6月上旬まで待てるという方は、申請書が自宅に届いてから申請することをおすすめします。何よりいろいろと楽ですし、優先して欲しい人に届けるための措置なので本当に緊急を要する人向けです。

マイナンバーカードを利用したオンライン申請

マイナンバーカードを持っている方は、マイナポータル上から電子申請が可能です。

電子申請をする場合は、「マイナンバーカード」と、カードリーダーまたはカード情報を読み取れるスマートフォンが必要になります。

iPhoneの方は「iOS 13.1以上がインストールされたiPhone 7以降のiPhone」であればOK、Androidはいろんな機種があるので以下のページから対応機種かどうかを確認してみてください。だいたい Google Pixel3 以後に発売されたNFCが付いている機種であれば対応していると思います(筆者所感)

申請期間は6月上旬から9月上旬までです。マイナンバーカードを持っていて、かつ、電子申請ができる環境の方限定の方法ですが、「書類の返送めんどくさい!」「今すぐやっておきたい!」という方は今のうちにオンラインでやっつけちゃいましょう!

全世帯に送付する申請書による郵送申請

もっとも一般的な申請方法は、自宅に届いた申請書に必要事項を記入して返送する方法です。

申請書は6月上旬頃に、全世帯に届く見通しです。急いでいなければこちらが一番簡単な申請方法ですね!

申請期間は6月上旬から9月上旬まで。忘れずに返送しましょう!

※すでに早期特別申請をしていたり、オンライン申請をしている場合は多重申請になるので返送不要だと思われます。(念の為、実際に届いた郵送物に書かれた内容を確認してください)

【おまけ】4月27日時点でまだ浜松市民じゃないです!という方は?

浜松市は4月27日を一つの日付の基準として発表しています。そのため届けを出すタイミングによって判断が分かれるパターンもあるでしょう。

例えば、「4/27時点でまだ住民票を移していなかった方(転入届)」については、現時点ではおそらくその時点の住居の自治体への申請が必要だと考えられます。詳しくは区役所に相談してください。

例えば、「4/27以後に生まれた子供はどうなるんですか?」という疑問についても、出生届のタイミングなどがあると思いますので、自身で判断が難しい場合は区役所に詳しい内容を相談するのが良いでしょう。