炭火バルmabuchi

有楽街のど真ん中にあるイタリアンバルの炭火バルMabuchi浜松店がデリバリーのオンライン注文を試験的に開始したのでご紹介!週末のおうちごはんにいかがでしょうか?当日配達エリアは中区周辺で、それ以外の旧浜松市は翌日配送の予約をすることができます。最低金額は1,500円からで、配送料は一律500円です。

以前よりお店での注文や電話注文でデリバリーやテイクアウトを行っていましたが、電話の場合はチラシがないと注文が難しかったりと課題があったようで、注文できるウェブサイトを試験的に開設したとのこと。

また、「炭火バルMabuchi」は5/21(木)よりイートインを再開。間隔を空けつつテーブルの間に衝立を置くなどの感染防止の対策をしています。街中での食事に迷ったらイタリアンの気分のときにはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

炭火バルmabuchiの料理をネットで簡単にデリバリー注文!テイクアウトも選択できる二段構え

炭火バルmabuchiデリバリー注文

使い方は簡単!メニューを選んでカートに入れて、注文するだけ!一般的なECサイトと同じような使い方です。カートの中身を確認して注文手続きページを開いた際に「デリバリー」か「テイクアウト」の選択と、お届けor受け取りの日時を選択します。こんな感じ。

注文手続きページ

当日配送エリアは、ざっくり中区周辺です。詳しいエリアは公式の注文サイトを見てください。記入した住所によって当日配送エリアかどうか自動判別される仕組み。当日配達は最短だいたい1時間〜2時間程度です。西区、東区、北区、南区の一部(旧浜松市あたり)は翌日配送エリアなので、届けてほしい日の前日までに注文する必要があります。旧浜松市エリアを外れてしまうとデリバリーできない範囲なので、テイクアウト注文のみ可能です。

このときに会員登録をしておくと注文手続きがスムーズです。注文する人の名前と住所、電話番号とメールアドレスがあればOK。特典としては、会員登録をすると初回のみ配送料500円が無料になるキャンペーンもやっています。クーポンコードは「mabuchi500」です。

クーポンの適用方法は、注文手続きページの下の方にある「クーポン」の欄に忘れずに記入しましょう。ここですね。

クーポンの適用方法

注文の際には備考欄にお店の人や配達員の方に伝えておくと良さそうなことを書いておきましょう。そして、余力のある方は「はまつー見て注文しました!」と書いてくれると嬉しいです!炭火バルMabuchiさん、なにか特典つけてくれないか相談してみよう。

【おまけ】街中からちょっと遠くてテイクアウトを使えない人が今後デリバリーを活用するかも

まちなかにあるお店は大好きで応援したいけど、街中に行くのに車だと時間もお金がかかっちゃうしそもそも街中に行ける時間の確保が難しい…という悩みは少なからず持っていた方は多いと思います。

今回の「炭火バルMabuchi」のように、自社でデリバリーも行う飲食店さんはだんだんと増えてきており、最低金額や一律の配送料などの条件がある場合や、ある程度の大口注文(例えば5,000円以上や10,000円以上など)であれば指定の場所まで運びますという独自サービスを展開していたりします。

この情報は、お店の公式ウェブサイトやブログ、FBやTwitter、Instagramなどで告知されているので自分が懇意にしているお店やお気に入りのお店の情報を能動的に探しに行けばたどり着くことができます。ただし、体系的にデリバリー可能なお店の情報がまとまっている媒体はまだないので、なにか食べたいなーくらいの気持ちだとデリバリーもできるお店の情報にたどり着くのは難しいのが今の状況です。

お店に食べに行けない需要の代替にテイクアウトの次はデリバリー?情報の網羅性が課題

新型コロナの影響で飲食店が休業になってしまう際に、飲食店さんを応援するためにテイクアウトできるお店がまとまったサイトは浜松にもたくさん誕生しましたが、現在以下のような課題があると考えています。

  • 情報が最新であるかチェックするのに大変だったり
  • テイクアウトメニューの掲載のみで止まっていたり
  • お店自体の独自サービスや再開時期について詳細に書かれていなかったり
  • お店の開店時間やサービスで細かい検索をするのが難しい

などなど。再開ムードになったから役目は終わりではなく、まだまだ改善の余地があるのかなと思いました。もちろん、各お店の公式ウェブサイト

例えば、株式会社こころさんは、GWの終わり頃に「さくさくデリバリー」というとんかつ、唐揚げ等のデリバリーを自社配送網を構築して始めています。

そして、今後のデリバリー界隈の大きな変化としては、UberEATSの浜松進出です。6月中旬頃を予定していて、これによってチェーン店のメニューをちょっと割高でもいいからデリバリーしてほしい需要が一気に高まるのではないかと考えています。ただし、UberEATSの手数料は割高なことで有名です。浜松でどこまで利用されるかはサービスが開始してみないとわからないですね。

もう一つ、「浜松市デリバリープラットフォーム構想」が7月に試験稼働する見込みで、浜松のデリバリー界隈は更に便利になっていくことが予想されます。

この記事でも【おまけ】の欄でこんな感じの話を書きましたのでお暇な方はぜひ読んでみてください!


というわけで、4,5月はテイクアウトが話題になりましたが、6月以後はデリバリーが熱いですね!!でも、一番いいのは、お店で楽しく食べて飲んでをしていたあの日常が早く戻ると嬉しいな〜と、旧態然とした考えを未だに引きずっている筆者は、考えてしまいます。