ノロウイルスからの食中毒ニュースの続報です。

浜松の食中毒 給食のパン製造会社が自主回収

浜松市内の食品製造会社が作った給食の食パンが原因で多数の児童・生徒が食中毒になった問題で、食品製造会社では、学校以外のスーパーなどに納入したパンや菓子の自主回収を進めています。
 

他にもスーパーなどに出回っている同社製品は自主回収がされているそうで、18日中にはすべての商品が棚から撤去される予定です。

秒刊サンデーさんは工場に行ってきた記事をあげていました。
 → 浜松ノロウイルス問題の「ヤタロー」の工場に行ってきた。既にマスコミが食いついていた。

全国ニュースでも大々的に報道されているので、浜松が今とても話題になっていますが、直売店にまだお客さんがちらほらくるらしくお店の人が休業をお伝えしているようです。

一部の報道によると、20以上の都府県にわたり8万個以上の回収規模になるそうです。
ヤタロー株式会社のウェブサイト着払いによる回収も受け付けているとのことです。
 → 商品の自主回収に関して


以前のニュース
 → 小学生集団感染の原因は給食の食パンだったようです
 → ノロウイルス感染の疑いで市内の小学生が集団欠席しているようです