[夏の高校野球] 菊川南陵が出場辞退、部員の暴力行為が発覚

LINEで浜松周辺の最新情報配信中!

smoking-and-moving-cigarette-941601-m

昨年準優勝の菊川市の菊川南陵が昨日(7/25)、部員の暴力行為の判明により県大会4回線を辞退するそうです。
これにより今日(7/26)対戦予定だった東海大翔洋高は不戦勝となります。
大会途中での出場辞退というケースはめずらしいですね。

目次

菊川南陵が部員の暴力行為が発覚して明日の4回戦を出場辞退

昨夏県準Vの菊川南陵、部員の暴力行為で出場辞退 静岡大会 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
 昨夏の全国高校野球選手権静岡大会で準優勝し、今年も16強に進出している菊川南陵(静岡県菊川市)が、部員の暴力行為の判明により、26日に開催予定の県大会4回戦を辞退することが25日わかった。静岡県高校野球連盟が同日、会見して発表した。

ニュースを要約すると、殴ったのは3年生だが殴られた相手はなんと喫煙をしていた1年生
暴力行為は確かに良くないことですが、喫煙していた下級生が発端で出場辞退になって今夏が終わってしまうのは、
チームとしても辛いですね。

ツイッターに書き込まれた詳しそうな情報

まとめるとこういうことらしいです。

↓のtwitter引用は事の詳細文のスクリーンショットが載せられたもの。

東海大翔洋高は4回戦目を不戦勝でベスト8進出

これにより付箋書でベスト8進出となった東海大翔洋高は、投手も温存できてより優勝へ有利に駒を進められる状態となりました。
こういう時、時間や移動の都合が付けば3回線で負けたチームが繰り上がりするとかじゃダメなんですかね?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる