台風21号は10月22日夜に東海地方に最接近、月曜早朝は公共交通機関の利用に注意 – 2017/10/21 19:00現在

LINEで浜松周辺の最新情報配信中!

34

台風21号は、今日(10/22)の夜から夜間にかけて東海地方接近し、明日(10/23)の未明から明け方頃に上陸、強い雨風をともなう荒れた天候になる予報が出ています。

今回の台風21号は超大型で、黄色い丸の強風域が本州をすっぽり覆ってしまうほど。明日(10/23)の朝は台風が通過している予報が出ていますが、公共交通機関等に影響が出ている可能性があるため、天気予報や公共交通機関の運休情報等を確認してから通学通勤することをおすすめします。

【※20時追記】また、今夜から明日の早朝にかけて公共交通機関で既に運休情報が出始めています

目次

台風21号は22日夜にかけて接近し、23日早朝まで天候が悪化し強い雨風が続く

14

今日(22日)時に発表された予報です。夕方から夜の時間にかけて雨風が強まり、明日(23日)午前1時〜3時がピークになるとの予報が出ています。

今愛の台風の通過によって朝の通勤通学に影響が出ると予想できるため、朝は天気予報や公共交通機関の情報をチェックするようにしましょう。

はまつーが以前記事にまとめた、台風や大雨などの発生時に必要な情報をまとめたリンク集のページです。帰宅時・通勤通学時にチェックしてみてね!

ちなみに、通過後の天気の予報は晴れ!明日(10/22)のお昼ごろからは晴れの予報で、雨の心配はなさそうです。ただし、風はまだちょっと強そうなので車の運転は注意してくださいね。

10月22日(日)は計画運行!JR東海の在来線(鈍行)の終電が早まるようです

10/21(日)の夜間のJRは計画運行で、最終列車の時間が早まっています。今後ダイヤの変更の可能性があるとのことですが、公共交通機関を利用して帰宅される方は早めの利用をおすすめします。

なお、新幹線は通常運行とのこと(※10/21 20時現在)

//画像はリンク先のtenki.jpからお借りしました。天気予報は時間が経過すると予報が変わります。最新の天気予報は tenki.jp をご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

コメントする

目次
閉じる