浜松市内で確認された7名の感染者が全員陰性、退院して陽性者は0人になりました【5月11日時点のデータ】

LINEで浜松周辺の最新情報配信中!

浜松市 新型コロナウイルス感染症対策サイト

浜松市の新型コロナウイルス感染症公式ウェブサイトのデータによると、5月11日時点で浜松市内の陽性患者数は0人になりました。

4月8日に最後の感染者(7人目)が確認されてから約1ヶ月が経ちましたが、以後新たな感染者は確認されていません。そして、7名全員が陰性となり退院したことが確認されました。

また、明日の14日に『特定警戒都道府県』以外の緊急事態宣言の解除について政府から具体的な目安が示される見込みです。この判断について昨日市長も言及しており、「解除される見込み」とのことで解除濃厚な状況です。

目次

特定警戒都道府県ではない34県(静岡県含む)の緊急事態宣言解除も視野に

※昨日の記事のおまけ枠とだいたい同じ内容ですがFBで市長が「解除の見込み」との発言があったことから、解除される確度が高いと判断できます。

最近は国内でも新規の感染者数も減少傾向で、明日14日に開かれる専門家会議で『特定警戒都道府県』以外の緊急事態宣言の解除について具体的な目安が示されるとの報道がありました。

静岡県は『特定警戒都道府県』に含まれていない県なので、近いうちに県内の緊急事態宣言は解除される見通しが徐々に立ってきているということになります。(※もちろん明日14日の専門家会議や最新の感染者数によって状況は変わります)

また、鈴木康友市長は自身のフェイスブック内で「静岡県の緊急事態宣言は解除される見通しです。」との発言があり、大きな変化が急激に怒らない限りは、明日14日に解除決定が濃厚となっている状況です。

(日常活動再開に向けて)
新型コロナウィルス感染拡大も少し下火になってきたのではないでしょうか。今週14日には政府から新たな方針が出されると思いますが、静岡県の緊急事態宣言は解除される見通しです。
おかげさまで浜松市は、1ヶ月以上新たな感染…

鈴木 康友さんの投稿 2020年5月12日火曜日

それでもコロナの危機は依然として根強く残っており、大都市を始め感染の第2波を警戒をしています。解除された後も再び感染が拡大しないように努めていく必要がありますね。

【おまけ】浜松市は5月11日時点で陽性感染者数0人を達成!統計データをわかりやすく見られるサイト

ちなみに、統計データを見やすく表示しているこの「浜松市 新型コロナウイルス感染症対策サイト」は、浜松市と有志のWEBエンジニアによって構築されているサイトです。そのコードはgithubで管理されていて誰でもその仕組みやコードの中身を見ることができます。

もともとは、Code for Japanが東京都公式の新型コロナウイルス感染症対策サイトの開発を通じて、そのサイトの骨格をオープンソースで公開しました。これをベースとして浜松市版が開発されています。他の地域でも有志WEBエンジニアによって地元版が作成されています。なので、多くが似たデザインのサイトなんですね。

感染者数や検査数などのリアルタイムデータは、静岡県や浜松市などの自治体が公開しているオープンデータを使用しています。つまり、オープンデータで示された数値を利用して、ひと目で各種数値が網羅できる見やすい状態のサイトに再構築している役割を果たすものとなっています。

コード見ても何らわけわからん!っとなるのが普通ですが、一般的なスキルを持つWEBエンジニアの方であればだいたいなんとなく分かる内容です。浜松にもこういったWEBエンジニアコミュニティがあることを誇りに思います。今回私はほとんど貢献できませんでしたが、ここに紹介をすることで微力ながら活動に貢献できればと思います。

書いた人:鳥居(はまつー)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

コメントする

目次
閉じる