イオン志都呂でスマホ充電器のレンタル機「チャージスポット」のでかいやつが設置されてた、1時間150円で2日間まで300円

LINEで浜松周辺の最新情報配信中!

1時間150円、2日間まで300円というユニーク価格設定

20%ならまだ大丈夫だろ!ってツッコミを入れたくなりますがまあまあまあ。

イオン志都呂でブラブラしていたらスマホ充電器レンタルなるものを発見しました。「スマホ充電器」何ていうもんだからケーブルでも生えてるのかなと思ったんですが、どうやら「モバブ」を借りれるサービスみたい。これ、地味にすごくない?

って、妻が言っていたのでそれ「チャージスポット」じゃないってことで見に来たら液晶がついててめっちゃでかい機械だったのでついつい記事にしちゃいました。

目次

1時間150円から2日間まで300円でモバイルバッテリーを借りられるサービス

ChargeSPOT
日本設置数シェアNo.1モバイルバッテリーシェアリング | ChargeSPOT
日本設置数シェアNo.1モバイルバッテリーシェアリング | ChargeSPOT

チャージスポットは、日本初の持ち運び可能なスマホ充電器のシェアリングサービスです。「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに、充電不足によるストレスを無くし、より良いライフスタイルをご提供します。

日本設置数シェアNo.1モバイルバッテリーシェアリング | ChargeSPOT

「チャージスポット」というサービスで、この機械から借りて、この機械に返すらしい。液晶のサイネージ付いてるしめっちゃでけぇ…!借りるには専用のアプリをインストールする必要があるとのこと。

借りたモバブはどの「チャージスポット」に返却してもOKというのが売りの1つだが…

「チャージスポット」の機械であれば、どこに返しても良いというのが売りの1つだが、浜松駅周辺ならまだいくつかチャージスポットはあっても、志都呂周辺には、最寄りのクリエイトの店内くらいしか無い。なので、この機械が設置されている場所が全然ない場合、基本的には借りた場所の機械と同じ場所に返すことになりそう。

「チャージスポット」の設置マップは以下から確認できます。首都圏めっちゃいっぱいあるやん。。。

あわせて読みたい
ChargeSPOT設置マップ(2020.7.27)

ちなみに、スマホ用のケーブル類は同梱されているので準備する必要なし、便利!

「チャージスポット」の使い方と料金の説明

ざっくりと上の写真のとおりです。手順は以下の通り

  1. アプリをダウンロートして
  2. バッテリースタンドのQRのコードをスキャンして
  3. バッテリースタンドからバッテリーを取り出す

価格は、1時間150円スタートで、2日間(48時間)まで300円、以後1日おきに+150円されていくみたい。借りられるのは最大7日で、7日を超えるとペナルティ課金があると書かれています。さっさと返せってことですね。

【おまけ】このちょろんとでているケーブルは勝手に使っていいのか問題

巨大モバイルバッテリーレンタル機の側面に、むき出しのケーブル

電池が無くなりそうだけど移動したい人がターゲットなので、ギリギリでここに来て線をつないで充電しつつアプリを落として登録してモバイルバッテリーを借りて無事なんとか事なきを得る・・・そんなストーリのためにこのケーブルが垂れ下がっているのだろうけど。普通に考えたら、多分充電できるんだろうなーと思う。わかっているけど、怖くて自分のiphoneに刺せなかったので誰か試してみてほしいです!

むしろ、もしここで無料で充電できるのであれば、緊急的に充電のためにここに来る人増えそうだなと思いました(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

コメントする

目次
閉じる