【GOTOトラベル】浜松近隣のホテルや旅館もOK!キャンペーンの仕組みを理解してお得に旅行や宿泊をしよう!

LINEで浜松周辺の最新情報配信中!

10/1より総額の15%相当が還元される「地域共通クーポン」の配布が開始されました


10/9より予約サイトでの適用条件ルールが変更されていましたが、10/13に予約サイトの各種制限がもとに戻りました

巷で話題のGOTOトラベル。10月からは地域共通クーポンの付与も開始されて最大半額の補助となりお得感が満載のキャンペーンとなりました。

ただし、色んなルールがあって難しいしなんだかややこしい!そこではまつーでざっくり簡単にまとめてお送りします。さらに、こくいっこくと変わる特別ルールを整理しておくのでチェックしてみてくださいね。

目次

GOTOトラベルは国内旅行や国内ツアーの料金の半額を補助するキャンペーン 

1人1泊上限2万円まで、日帰りは1万円まで半額を補助する仕組み

ホテルや旅館の宿泊や、国内ツアーに対して総額の半額が補助されます。補助される金額には上限が有り、1人1泊上限2万円まで補助されます。日帰りの場合は1人上限1万円まで補助されます。

1人1泊なので、2人1泊の場合は×2なので4万円まで補助されることになります。
そして、2人2泊の場合は8万円まで補助されます。人数と宿泊数で補助の上限が決まります。

GOTOキャンペーンが適用されるのは、GOTOトラベルキャンペーンの適用対象である旅行代理店やホテル予約サイトなどを通じてホテルの予約や旅行の手配をする必要があります。

旅行の種類補助金額の上限
宿泊を伴う旅行1人1泊上限2万円
日帰り旅行1人上限1万円
宿泊と日帰りで異なる補助金額の上限

半額のうち35%は予約時に割引、15%は地域共通クーポンによる配布

予約時に半額がまるっと割引されるわけではないことに注意しましょう。総額の35%(1人1泊14,000円を上限に)が割引され、宿泊当日に15%の地域共通クーポンが渡されます。この2つを合計して半額(50%)の補助で合計の上限は20,000円とするキャンペーンになっています。

GOTOトラベルの割引・還元割引・還元の上限価格
予約時の35%割引1人1泊14,000円上限
15%分の地域共通クーポン
宿泊時に受け取り
1人1泊6,000円上限
1人1泊の場合のGOTOトラベルキャンペーンの割引と還元の上限

一番簡単な方法→宿泊予約サイトを使う

GOTOトラベルの恩恵を受ける一番簡単な方法は、予約サイトから宿泊予約することです。「GOTOキャンペーン対象」と書かれていればだいたいそのまま適用されます。おすすめは、「楽天トラベル」と「じゃらん」、「JTB」や「Yahooトラベル」「一休」です。世間では「楽天トラベル」と「じゃらん」の利用が多いようですね。

楽天トラベル」はクーポンの形式でGOTOトラベルの35%割引が適用されて、更にほかの併用可のクーポンと割引を掛け合わせることができます。例えば「5の着く日の高級ホテル5%割引クーポン」や、「ダイヤモンド会員向け割引クーポン(高級宿10%OFF)」などをGOTOキャンペーンの割引と合わせて使えます。

じゃらん」も割引クーポンの併用が出来るタイプがあるので探してみてください。じゃらんの中ではGo To トラベルの35%割引は「特別じゃらんクーポン」に分類されていて、「通常じゃらんクーポン」との併用が可能です。

10月16日現在の予約サイトの制限状況まとめ

10/13現在、政府がGoToトラベル予約サイトの事業者へ予算追加の方針を固めたため、各予約サイトでも制限はなくなりました。やったぜ!

予約サイト制限
楽天トラベル10/9より1会員1回の使用に制限
10/13に制限解除
Yahooトラベル
じゃらん
一休
10/10より1人1泊3,500円に制限
10/13に制限解除
Relux
dトラベル
JR東海ツアーズ
GoToトラベルキャンペーンの取り扱いを中止
10/16にすべて再開
JTB
日本旅行
制限なし
(1予約最大3,000P付与キャンペーンも継続中)
10/16現在の予約サイトの状況まとめ

なお、JTBは今のところ制限なしで店舗をもっている旅行代理店強しという印象。制限がないどころか、予約すればするほどポイントが貰える(1予約あたり最大3,000ポイント※1万以上で適用)キャンペーンをやっています。JTBを常用している方にとっては安定的でいい感じに高い還元率が維持できます。強し。

その他にも日本旅行も制限していないことを確認しています。国内ツアーに強みがある旅行代理店なので、新幹線や飛行機移動のツアーは日本旅行のツアーも確認してみるのをおすすめします。

国内ツアーで新幹線の座席を一緒にとると、グリーン席のアップグレードがお得だったりするので意外と重宝しますよ!(そのかわり乗る便が固定されるので時間縛りがあるというデメリットがあることも伝えておきます)

10/13 政府がGoToトラベル予約サイトの事業者へ予算追加の方針

10/9から予約サイトで予算の関係で利用の制限が出始めたことを受け、政府はGOTOトラベルの予約サイトの事業者へ予算を追加する方針を固めました。これにより制限は緩和されそうですね。

具体的に予算追加が反映される日時については不明ですが、政府関係は今回の予算の問題の審議から決定・通達までたった1日のスピードで完了させた爆速っぷりだったので、近日中にもまもなく予約サイトの制限は解除されるのではと期待できます。

追記:10/13に予約サイトの制限がなくなりましたね!スピード感すごい!

【10/13制限解除】「楽天トラベル」のGo To トラベルによる割引回数は1会員1回のみに改悪→元通り

追記:10/13に1会員1回の制限がなくなって何度も旅行予約できるようになりました!スピード感すごい!

楽天トラベル」では10/9より、1会員あたり1回のみという制限が付きました。楽天トラベルのGoToトラベルキャンペーンでは2つのクーポンがあります。1つは、ホテルや旅館の宿泊のみに使える「国内宿泊」、そしてもう一つは航空券などの移動とホテルや旅館の宿泊をセットにした「国内ツアー」。この2つは別クーポンになっているので、それぞれ1回ずつ使えることになります。

ちなみに、10/9以前にGoToトラベルキャンペーンのクーポンで予約した内容については、1会員あたり1回の制限付き”ではない”クーポンで予約したことになるので、10/9以後の予約とは別カウントになります。

【10/13制限解除】10/9以後の楽天トラベルでの予約は高額なホテル・旅館や国内ツアーでの利用が有利→制限がなくなってだいたい一緒に

制限がなくなってだいたい一緒になりましたのであまり比較する意味はなくなりました。それぞれの予約サイトの特色があるので、好きなところを利用すると良いと思います!

10/9から1会員1回の制限が付きましたが、価格の上限に関しては変わっていません。そのため、従来の1人1泊上限2万円補助は変わらないため、高額なホテルや旅館、そして航空券付きの国内ツアーなどに適用することをおすすめします。もし、価格が休めのビジネスホテルに使う場合は、利用回数に制限のない別の予約サイトを利用するのをおすすめします。

そして、現時点では10/9以後に楽天トラベルでGoToトラベルキャンペーンを適用して予約したとしても、ほかの宿泊予約サイトでは問題なくGoToトラベルキャンペーンの適用を受けることができます。
じゃらん」のほかにも「JTB」や「Yahooトラベル」、「一休」でもGoToトラベルキャンペーンは問題なく使えます。会員出ない場合は会員登録が手間ですが…そこを問題なく頑張れる人には別サイトで予約してみるのをおすすめします。

【10/13制限解除】「じゃらん」の割引上限が変更、1人1泊最大3,500円に改悪

追記:10/13に割引上限は1人1泊14,000円に戻りました!スピード感すごい!

じゃらん」が10月9日に発表した「Go To トラベルクーポン宿泊代金の割引上限金額変更のお知らせ」によると、10/10 AM2:00 以後の予約は1人1泊最大3,500円(税込)に変更されます。

この3,500円の部分はGo To トラベルの35%割引部分の上限のことで、15%の地域共通クーポンの上限金額は変わりません。
また、楽天トラベルと違って1人あたりの回数制限はありません。

そのため、1万円以下のホテルに複数回泊まる場合は引き続き「じゃらん」を利用しても問題なしです。1万円以上の場合は上限3,500円に到達するので、ほかの予約サイトと比べると還元率が低くなります。

地域共通クーポンはどこでもらえるの?価格の決め方や使い方は?

宿泊や旅行プランを予約した段階では地域共通クーポンはまだもらえません。旅程当日に宿泊するホテルや旅館で受け取ります。地域共通クーポンは「紙クーポン」と「電子クーポン(QRコード)」の2種類がありますが、特別な理由がない限りは利用できる場所が多い「紙クーポン」を選択することをおすすめします。

地域共通クーポンの価格の決まり方→総額の15%で千円未満は四捨五入

GoToトラベルキャンペーンの半額のうちの15%は地域共通クーポンとして受け取ることになります。地域共通クーポンは1,000円単位で発行され、15%の価格のうち1,000円未満については四捨五入されます。1,499円の場合は1,000円ですが、1,500円の場合は2,000円になります。

地域共通クーポンが使える店舗 → なんと「コンビニ」や「杏林堂」でも使える

一番身近に使える場所は「コンビニ」です。嘘だろ?と思うかもしれませんが、使えます。そして、浜松市民はみんな大好き「杏林堂」でも使えます。

なので、どうしても余ってしまった場合はコンビニで使い切ってしまいましょう。そして、浜松周辺のコンビニでは紙クーポンにしか対応していません。なので、はまつーでは「紙クーポン」での受け取りをおすすめします。

地域共通クーポンが使える浜松市内のコンビニは「ローソン」と「ファミマ」

10/11現在、地域共通クーポンが使える浜松市内のコンビニは「ファミリーマート」と「ローソン」です。浜松市内ではこの2ブランドはどこにでもあるので手軽に利用できるかと思います。「セブンイレブン」では使えず、未だに取扱店検索マップで出てこないので注意が必要です。

そのほか観光地のお土産屋などでも登録されていれば使えます。どこで使えるか調べるためにはこちらのmapを使うと効率的です。

地域共通クーポンは有効期限があり、お釣りが出ない

地域共通クーポンは、宿泊先の滞在日が有効期限となります。そのため、1泊であればチェックインの日とチェックアウトの日の2日間が地域共通クーポンの有効期限です。2泊の場合はチェックイン〜チェックアウトの間の3日間ということになります。

国内ツアーを組んだ場合の有効期限ルールは情報が不足しておりよく分かっていません。受け取ったホテルでの滞在日数がそのまま有効期限になるか、国内ツアーの最終日までが有効期限になるかのどちらかが適用されます。

紙も電子も1,000円単位の利用でお釣りは出ない

地域共通クーポンはお釣りが出ないので注意が必要です。ちょうどぴったりのお会計にするか、不足分を実費で補填する方法でなるべくお釣りが出ないように支払うことで、最大限お得に使うことができます。

地域共通クーポンは配布した都道府県と隣接都道府県で利用できる

地域共通クーポンは基本的には宿泊先の現地で利用することが想定されています。そのため、基本的には配布された現地の都道府県での利用が原則です。ただし、宿泊後すぐに移動したりする場合を想定して、隣接都道府県での利用もOKとなっています。

例えば「静岡県」だと、神奈川県、山梨県、長野県、愛知県、東京都の4県1都が対象です。

陸路または日帰り航路で繋がっている場合は隣接県とみなされている 例:東京=静岡

陸路は県境で隣り合う県なのでそのままですね、すぐに分かると思います。例えば「東京都」であれば千葉県、神奈川県、埼玉県、山梨県の4県ですね。

GoToトラベルキャンペーンにおける隣接県の特殊な例としては、日帰りの航路(フェリー)で繋がっている場合は隣接権とみなされる場合がある点です。例えば静岡県と東京都は隣り合っていないはずですが隣接県として設定されています。なんで?繋がってないじゃん?と思った方も多かったと思います。
ところがどっこい、なんと熱海=伊豆大島間で観光用フェリーが繋がっているので東京都が隣接県として設定されているというカラクリなんだそうです。(伊豆大島は東京都の管轄です)

なので、まとめるとGoToトラベルキャンペーンにおける「東京都」の隣接県は千葉県、神奈川県、埼玉県、山梨県、そして静岡県の5県なります。

日帰り航路による隣接都道府県設定まとめ

  • 東京都-静岡県
  • 和歌山県-徳島県
  • 香川県-兵庫県
  • 愛媛県-山口県・大分県
  • 山口県-大分県
  • 長崎県-福岡県・熊本県
  • 鹿児島県-沖縄県

まとめ – 10月から本格開始したGoToトラベルキャンペーンをお得に使おう!

GoToトラベルキャンペーンは、お得に旅行をすることが出来る制度なので賢く利用していきましょう!また、自治体が発行する最大半額割引クーポンなどが出てくることもあり、なんとGoToと併用可で実質ほぼタダになる計算で何かバグっているんじゃないかという仕組みもあるので、定期的にこのページをチェックしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

コメントする

目次
閉じる