【終了】ラフレ初生のEV車充電スタンドが8/30をもって終了、今後は利用不可に

LINEで浜松周辺の最新情報配信中!

前々から告知されていましたが、ラフレ初生の電気自動車充電スタンドが2020年8月30日をもって終了し利用できなくなっていました。今まで無料で使えていましたが今回の終了によって有料による利用にもならずに、このまま終了・閉鎖となりました。

目次

電気自動車ユーザにとっては何かと便利だった200V充電スポット – ラフレ初生

今回のラフレ初生の200V充電スポットの終了のように、ショッピングセンターなどで無料で充電できるスポットは年々少なくなってきています。

つい先日も、市野イオン・志都呂イオンの両店舗が、200Vの充電スポットの無料を取りやめ、1時間あたりの利用料を徴収することになりました。イオンの充電スタンドは先に時間を指定して、WAONで支払います。つまり、どれくらいイオンにいるかをあらかじめ決めないといけないのでちょっと使いにくいですね。

かつて充電スタンドだったものが、白いボックスのようなものに囲われてしまっています。

9月1日現在の無料充電スポットは「プレ葉ウォーク浜北」のみ

9/1現在、今回のラフレ初生の充電スポットの閉鎖により、浜松市内のショッピングセンターの無料の200V充電スポットは「プレ葉ウォーク浜北」のみとなりました。

ラフレ初生は以前アピタ初生店で、プレ葉ウォークと同じ「ユニー株式会社」が運営元でした。現在は運営が変わった「株式会社トーラス」が運営していますので、プレ葉ウォークとは運営元が異なります。
つまり、今回の決定が直ちにプレ葉ウォークにも影響しないのではないかと予想できます。

【おまけ】200V充電スポットを表す看板が真っ白に

充電スポットを表す看板なので隠さないといけないのはわかりますが、何かをかぶせたりする対応ではなく見事に真っ白に塗られていました。たしかにこれならただの白い看板だけど、めちゃくちゃ違和感があります笑

充電スポットが廃止されたことで、だれでも使える店舗前の駐車場が1つ空いて増えたことになるのですが、地面にはまだ200Vと青いマークで書かれているので遠慮して停められていませんでした。多分地面は消さないだろうなぁ…笑

まとめ

ラフレ初生の電気自動車充電スタンドが2020年8月30日をもって終了したという話題でした。そもそも電気自動車ユーザが少ないのであんまり需要のない情報かもしれませんが、完全電気自動車である「リーフ」や「i-MiEV(アイミーブ)」ユーザにとっては結構な死活問題だと思うのでまとめておきます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

コメントする

目次
閉じる