beihan

宝福の米飯供給再開!本日の夕方にTVの県内ニュースで流れていましたね!

今回は米飯のみですが、これにより宝福が学校給食への供給をわずか3か月で再開させたということになります。

続報前の記事:

4月16日に宝福の供給再開が決定

例の食中毒事件以降、パンとご飯の納入を中止していた宝福ですが、県の学校給食会が、ご飯の供給の再開を認めたみたいです。 パンの供給についてはまだ認めていないみたいですね。

 県学校給食会は18日、1月に浜松市の市立小学校で発生したノロウイルス集団食中毒で、原因となった給食パンを納入していた業者(同市東区)による給食用米飯の納入再開を条件付きで認めると発表した。静岡市葵区の県教育会館で記者会見を開き、明らかにした。
 同給食会によると、1月の集団食中毒の後、業者による学校給食の提供はパンだけでなく、米飯も中止になっていた。2月に業者から2014、15年度の米飯の委託工場として認めるよう申請があったが、選定を保留していた。今月16日に委託工場の選定委員会を開き、立ち入り検査回数を増やすことなどを条件に、給食用米飯の委託を認めることを決めた。
 同給食会は「浜松市では食中毒事故の後、持参米飯の回数が週1回から2回に増え、家庭の負担になっていたため、市教委から正常化を急ぐよう働き掛けがあった」としている。

再開決定の理由は?

他のサイト(東京Eネットテレしず)でも宝福の米飯供給再開のニュースが取り上げられています。

様々なニュースを読むと、今回の再開決定は主に3つの理由にまとめられます。

  • 「宝福の衛生管理体制の改善」
  • 「大量受注に耐えられる業者が他にいない」
  • 「給食会からの監視の強化」

2番めの「大量受注に耐えられる業者が他にいない」ってのはちょっと…他の2つの決定理由が霞んで見えます。しかしこれで、週2回の米飯持参はなくなりそうですですね。